現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 健康・医療 > 感染症情報・予防接種 > ウイルス性肝炎(B型肝炎・C型肝炎) > フィブリノゲン製剤・血液凝固因子製剤が投与された可能性のある方へのお知らせ

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

フィブリノゲン製剤・血液凝固因子製剤が投与された可能性のある方へのお知らせ

特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための特別措置法が平成20年1月に施行されました。

これに伴い、厚生労働省は、これらの製剤を投与した可能性のある医療機関(納入先医療機関)の名称や所在地を公表しました。

また、厚生労働省は、加熱処理製剤の一部で、肝炎ウイルスの不活化処理が必ずしも十分でなかったものが、血友病以外の患者に投与された可能性のある医療機関名についても公表しています。

本市においても、下記のとおり各区役所保健福祉センターに相談窓口を設置し、これらフィブリノゲン製剤等の投与を受けた方などからの問い合わせに対応しています。投与を受けた可能性のある方は、早期に肝炎ウイルス検査をお受けいただくことをお勧めします。

相談窓口

厚生労働省の相談窓口

「フィブリノゲン製剤等相談窓口」(外部サイトへリンク)(厚生労働省ホームページ)

仙台市の相談窓口

受付時間:午前8時30分から午後5時まで(土,日,祝日を除く)

相談窓口

電話番号

青葉区保健福祉センター管理課企画係

022-225-7211 内線6715

宮城野区保健福祉センター管理課企画係

022-291-2111 内線6717

若林区保健福祉センター管理課企画係

022-282-1111 内線6715

太白区保健福祉センター管理課企画係

022-247-1111 内線6715

泉区保健福祉センター管理課企画係

022-372-3111 内線6715

関連サイト

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915