更新日:2018年3月28日

ここから本文です。

セルフガソリンスタンドではご注意を!!

過去には、仙台市内のセルフガソリンスタンドにおいて、給油中の火災が2件発生しております。

セルフガソリンスタンドには、色々な安全装置があり、従業員(スタッフ)による安全確認も行われておりますが、安全に給油をするために次のことを守りましょう。

1給油のときは注意して

  1. 車のエンジンは停止する。
  2. 給油中にタバコは吸わない。
  3. 給油前に静電気除去パッドに触れる。
  4. 給油中はその場を離れず、他の人と代わらない。
  5. ノズルを給油口の奥まで差し込む。(スクーター等燃料タンクが浅い場合は、ゆっくりと少しずつ給油する。)
  6. 注ぎ足しをしない。
  7. ノズルを戻すときは、給油レバーを握らない。

 

静電気除去シートの写真

  (静電気の除去は確実に!)

給油時の注意事項の写真

   (注意事項は守ること!)

2もしものときの対処法

  • 給油口から火が出たら
    ノズルをそのままにして、店員を呼びましょう。
    (ノズルを引き抜くと、こぼれたガソリンに引火する場合があります。)
  • 給油口からノズルが抜けたら
    レバーを引くのをやめて、ノズルを元の位置に戻して店員を呼びましょう。
  • ガソリン等があふれたら
    ノズルをそのままにして店員を呼びましょう。

※操作が分からないときは、店員に確認しましょう。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

消防局危険物保安課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411