更新日:2017年5月26日

ここから本文です。

企業主導型保育事業について

企業主導型保育事業とは

企業主導型保育事業とは、多様な働き方に対応した企業主導の保育サービス等を提供する事業で、内閣府が実施主体となっています。

法人の事業主拠出金を活用し、運営費や施設整備について助成を受けることで、認可保育所等と同等の運営を行うことを特徴としています。

自社等の従業員のお子さんを預かる施設ですが、地域枠を設定している施設については、従業員に限らず、地域にお住いの方のお子さんをお預かりしています。

定員や空き状況等、詳しくは各施設に直接お問い合わせください。

 

※企業主導型保育事業の詳しい制度説明については、内閣府のホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)

 

※企業主導型保育事業の設置や助成の申込み、今後の開所予定施設や周辺市町村での実施状況等に関するお問い合わせは、公益財団法人児童育成協会のホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)

 

宮城県事業所内保育施設設置促進事業費補助金について

宮城県では、企業主導型保育施設の設置促進のため、宮城県事業所内保育施設設置促進事業費補助金を創設しております。

仙台市においては、この補助金において「沿岸部被災地復興型」(宮城野区及び若林区に設置する場合に限る)、「産業振興促進型」が対象となっています。

詳しくは、宮城県のホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)

 

仙台市内の企業主導型保育事業実施施設は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ

子供未来局環境整備課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8185

ファクス:022-214-8489