現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 子育て > 子どもの権利について

更新日:2022年4月15日

ここから本文です。

子どもの権利について

児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)

「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」は、基本的人権が子どもに保障されるべきことを国際的に定めた条約で、1989年の第44回国連総会で採択され、日本も1994年に批准(ひじゅん)しました。

前文と本文54条からなるこの条約は、生存、発達、保護、参加という4つの権利を子どもに保障しており、子どもにとって一番よいことを実現しようとうたっています。

子どもの権利条約が保障する4つの権利の説明

 

いじめ対策推進について

いじめは、子どもの教育を受ける権利や、愛され、保護され、心身の健やかな成長を保障されるという子どもの持つ権利を侵害し、その人格の形成に影響を与えるのみならず、心身に重大な危険を生じさせるおそれがある決して許されない行為です。

仙台市では、社会全体で子どもたちをいじめから守る意識を高め、未来を創るかけがえのない子どもたちがいじめによって悩み、苦しむことなく、安心して学び、健やかに成長することができるまちを実現することを目指し、様々な取り組みを行っています。

いじめ対策推進に係る取り組みの詳細については、こちらのページをご覧ください。(別ウィンドウが開きます)(外部サイトへリンク)

 

パンフレット「子どもを見つめて」

未来を担う子どもたちの健全な成長には、保護者や地域の大人たちが、子どもたちに目を向け、見守りながら、時に支えていく、そういった姿勢が何よりも大切です。

思春期の子どもたちが成長していく中で遭遇する、インターネットなどにひそむ危険性やいじめなどについて、子どもと一緒に考えていただくきっかけとなるよう、仙台市では、中学1年生の保護者の方に対して、パンフレット「子どもを見つめて」を配布しています。

パンフレット「子どもを見つめて」(別ウィンドウが開きます)(PDF:2,219KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

子供未来局総務課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎8階

電話番号:022-214-8790

ファクス:022-214-5010