更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

せんだい都市交通プラン

「せんだい都市交通プラン」―百万都市のにぎわいと暮らしやすさを目指して―

様々な社会情勢の変化に対応し、新たなまちづくりへの取組として、平成32年度までに実施する交通施策と将来の交通体系を明らかにした「せんだい都市交通プラン」を作成しました。

本市は現在、人口減少時代の到来や急速な高齢化の進展、環境問題への対応、財政的制約の強まりなどの大きな社会情勢の変化への早急な対応が求められています。
本市の持続的発展に向け、まちづくりは、鉄道やバスなどの公共交通を中心とした、まとまりのある都市形成を図る必要があります。
しかしながら、地域や暮らしを支えるバスは、利用者の減少から、路線の廃止や減便など、大きな危機に立たされているのが現状です。
このような状況のもと、地下鉄東西線の平成27年度の開業を見据え、新たなまちづくりに対応するため、将来の交通体系を示すとともに、平成32年度を目標とした取組として「せんだい都市交通プラン」を策定しました。
この「せんだい都市交通プラン」では、以下の3つの方針に基づく交通施策を重点的に推進し、公共交通の利便性向上を図り、将来にわたりにぎわいが持続し、また、市民の皆様が暮らしやすいまちを目指します。

(方針1)「公共交通をさらに便利にします」

  • 東西線開業を見据えた、鉄道に乗り継ぎができるようなバス路線網への再編
  • 利用しやすい運賃設定とIC乗車券の導入など

(方針2)「都心の交通環境をもっと快適にします」

  • 「仙台駅大改造」(地下鉄東西線(仮称)仙台駅の新設、東西駅前広場の機能強化、東西自由通路の整備など)
  • バリアフリーの推進、コミュニティサイクルの実施など

(方針3)「市民協働の取組で地域の足を確保します」

  • 市民協働による路線バスの維持、路線バス以外の生活交通の確保など

交通プラン策定の経過

せんだい都市交通プラン策定経過の詳細

番号

年月日

タイトル

備考

4

平成22年11月16日

せんだい都市交通プランを策定しました
(せんだい都市交通プラン本編及びパンフレット,平成22年6月公表案からの主な修正箇所については,下記PDF参照)

 

3

平成22年8月20日

(仮称)せんだい都市交通プラン(案)に対する市民意見をまとめました(下記PDF参照)

番号1及び市民説明会における市民意見の概要と仙台市の考え方です

2

平成22年6月22日~6月30日

(仮称)せんだい都市交通プラン(案)についての市民説明会を開催しました

開催回数:8回
(市役所本庁舎2回,青葉区を除く各区役所4回,各総合支所2回)
参加者数:計173人
意見数:13件

1

平成22年6月7日~7月23日

平成22年6月1日公表の(仮称)せんだい都市交通プラン(案)について市民意見を募集しました

意見募集は終了しました
意見書提出数:28通 69件

せんだい都市交通プランについては,こちらからご覧になれます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局交通政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8302

ファクス:022-211-0017