現在位置ホーム > 市政情報 > 計画・行財政改革 > 基本計画・主要事業 > 仙台市まち・ひと・しごと創生総合戦略(人口ビジョン及び総合戦略)

更新日:2017年8月28日

ここから本文です。

仙台市まち・ひと・しごと創生総合戦略(人口ビジョン及び総合戦略)

急激な人口減少や、東京圏への一極集中などへの対処のため、人口減少への歯止めや、地方創生を目的とする「まち・ひと・しごと創生」の取り組みが全国で進められています。本市においても、人口減少局面の到来は避けられない見通しで、本市の実情に応じた取り組みを進めていくため、人口ビジョンと総合戦略をまとめた「仙台市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を平成28年3月に策定しました。

概要

(1)総論(第1部)

  1. 趣旨と位置づけ
  2. 対象期間
    人口ビジョン:平成72(2060)年度までの45年間
    総合戦略:平成27(2015)年度から平成31(2019)年度までの5年間

(2)人口ビジョン(第2部)

人口ビジョンは、仙台市の人口動向を分析し、将来展望を示すものです。本市の将来人口推計では、今後5年程度で本市人口が減少局面に転じ、およそ30年後には100万人を下回る見込みです。この人口減少の速度を極力抑制し、本市の100万都市としての存立が、より長期にわたって保たれるよう、各種の対策を講じていきます。

(3)総合戦略(第3部)

「しごと」が「ひと」を呼び、「ひと」が「しごと」を呼び込む好循環、その好循環を支える「まち」の活性化といった「まち・ひと・しごと創生」の取り組みに当たっては、本市の現状や特性を踏まえ、基本目標を立て、成果指標を設定して取り組みを進めます。

  • 基本目標1 地域経済の中心である中小企業を活性化し、起業・創業を促します。
  • 基本目標2 仙台の魅力を創造・発信し、国内・世界との交流人口を拡大します。
  • 基本目標3 仙台で学んだ若者が住み続け、東京圏からも人々が移り住む、新たな人の流れをつくります。
  • 基本目標4 子育てしやすい環境を高め、若い世代の結婚、出産、子育ての希望の実現に取り組みます。
  • 基本目標5 地域特性に合わせ、若者から高齢者まで安心して快適に暮らせるまちづくりを進めます。

なお、この総合戦略(第3部)は、「まち・ひと・しごと創生法」に定める「市町村まち・ひと・しごと創生総合戦略」に該当します。

仙台市まち・ひと・しごと創生総合戦略(人口ビジョン及び総合戦略)(PDF:2,771KB)

※平成29年3月に改訂しました。

進捗管理

本市版の総合戦略では、基本目標毎に数値目標を、主な施策毎に重要業績評価指標(KPI)を設定しており、これを用いて達成度や事業の進捗状況を毎年評価し、施策の効果を検証します。これらの評価、検証は実施計画と合わせて行い、この結果は、幅広い分野の有識者から構成される仙台市経営戦略会議に報告し、公表します。

平成29年度(平成28年度分)

平成28年度に実施した事業の進捗状況について、下記の資料に基づき、仙台市経営戦略会議に報告しました。

引き続き、本市の総合戦略に掲げる基本目標の達成に向けた取り組みを実施していきます。

平成28年度末時点での進捗状況について(PDF:242KB)

平成28年度(平成27年度分)

平成27年度に先行的に実施した事業の進捗状況について、下記の資料に基づき、仙台市経営戦略会議に報告しました。

引き続き、本市の総合戦略に掲げる基本目標の達成に向けた取り組みを実施していきます。

平成27年度末時点での進捗状況について(PDF:254KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

まちづくり政策局政策企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1268

ファクス:022-214-8037