更新日:2017年6月12日

ここから本文です。

分譲マンション耐震予備診断

平成29年度事業の受付を開始しました。

【仙台市分譲マンション耐震予備診断支援事業】

この制度は、地震に強い安全な街づくりを目指すために、一定の条件を満たす分譲マンションの管理組合からの申し込みにより、仙台市が低料金で精密診断の必要性を診断する『耐震予備診断』を行うことで、市民の耐震対策を支援するものです。

1対象となる分譲マンション

診断の対象となるのは,次の条件をすべて満たすものとなります。
また、お申し込みができるのは、分譲マンションの管理組合(決議等が必要)となります。

建物

  • 区分所有法が適用される分譲マンションで,2以上の区分所有者が存する建物で人の居住の用に供する専有部分のあるもの
  • 延べ面積の1/2を超える部分が居住の用に供されているもの
  • 耐火建築物又は準耐火建築物であるもの。

建築時期

  • 昭和56年5月31日以前に建てられたもの。

その他

  • 建築基準法に適合しているもの。
  • 建築図面(平面図,構造図等)を備えてあるもの。
  • 過去にこの事業の適用を受けていないこと。

※建築図面がない場合は、一般社団法人宮城県建築士事務所協会にご相談ください。ただし,図面復元費用は実費負担となります。
一般社団法人 宮城県建築士事務所協会 電話:022-223-7330

2耐震予備診断の内容と診断費用

(1)予備診断の内容

図面確認や現地調査などにより、建物のおおよその耐震性を調査し、精密診断が必要か否かを診断します。さらに精密診断が必要と判断された場合には、その概算費用も提示します。

(2)費用

1棟あたりの費用(下記以外のもので基本となる診断費用)

23,760円

同一敷地内で構造上別棟となる場合における2棟目以降の1棟あたりの追加費用(エキスパンションジョイントがある場合等の1棟あたりの追加費用)

17,280円

3お申込み方法等

(1)お申し込みの際に持参していただくもの

  • (ア)仙台市分譲マンション耐震予備診断申込書
  • (イ)仙台市分譲マンション耐震予備診断の申込み及び実施に関する証書
  • (ウ)区分所有部分ごとの用途及び区分所有者の住所・氏名の一覧
  • (エ)規約(管理規約など)又は集会(総会などの)議事録の写し
  • (オ)建築確認通知書及び設計図書

※(ア)~(エ)は提出、(オ)は提示。

(2)受付場所・時間

一般社団法人 宮城県建築士事務所協会(住所:仙台市青葉区上杉二丁目2番40号 宮城県建築設計会館 電話:022-223-7330)

9時00分~12時00分 13時00分~16時00分 ※土・日・祝日は除きます。

4お問い合わせ先

  • 一般社団法人 宮城県建築士事務所協会(住所:仙台市青葉区上杉二丁目2番40号宮城県建築設計会館 電話:022-223-7330)
  • 仙台市役所7階住宅政策課(住所:仙台市青葉区国分町3丁目7-1 電話:022-214-8306) 

ページの先頭へ戻る

要綱・要領・様式等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

Wordビューアダウンロード

Word形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。Word Viewerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局住宅政策課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8306

ファクス:022-268-2963