更新日:2017年10月12日

ここから本文です。

大沼太陽光発電所

周囲一帯に田園が広がる「大沼」の水辺に位置する本発電所は、平成27年3月に完成し、年間約56万kWhを発電します(一般家庭約150世帯分の年間発電量に相当)。売電によって得られた収入は、仙台市東部の4つの基幹排水機場(高砂南部、大堀、二郷堀、藤塚)の維持管理費に充当することとしています。

 

施設概要

発電所概要

施設名称

大沼太陽光発電所(設備認定名称:仙台東部地区太陽光発電所)

所在地

仙台市若林区荒井字軽石田地内

敷地面積

7,000平方メートル(うちパネル設置面積3,400平方メートル)

太陽光パネル枚数

2,072枚

太陽光パネル設置角度

10度

発電出力

500kW

年間発電電力量

56万kWh

※本発電所は、農林水産省の農山漁村活性化プロジェクト支援交付金を活用しています。

大沼太陽光発電所リーフレット(PDF:11,507KB)

 

農山漁村活性化プロジェクト支援交付金

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局農林土木課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8268

ファクス:022-214-8272