更新日:2017年9月11日

ここから本文です。

発達相談支援センター(アーチル)/アーチルの相談・支援/成人(18歳以上)

このような相談に応じています。

暮らしの中で

「高校や専門学校,大学を卒業したが,自分にあった仕事がなかなか見つからない,続かない」
「働いているが,職場での対人関係がうまくいかない」
「働いているがなかなか仕事が覚えられない」
「自分の特徴を知り,自分に合った生き方を考えたい」など

療育手帳を持っているけれど

「外出する機会がない」
「作業所にうまく通えない」
「施設での生活になじめない」
「家庭内で落ち着きがない」
「家族として対応を考えたい」
「今後の支援の見直しをもちたい」など

「自分は発達障害なのではないか?」
「どうしたら暮らしやすくなる?」

ケースワーカー,心理判定員,理学療法士などが相談に応じます。

相談の様子

  • 本人をどう理解すればよいか,本人にどう関わったらよいか,日常生活の様子や発達障害の特徴に基づき助言します。
  • 今後の生活をどうしていったらいいか,相談を通じながら,本人・家族を支援します。
  • 必要に応じて家庭や施設に出向いて助言することもあります。

お問い合わせ

健康福祉局北部発達相談支援センター 成人支援係
仙台市泉区泉中央2-24-1
電話番号:022-375-0176 ファクス:022-375-0142

健康福祉局南部発達相談支援センター 成人支援係
仙台市太白区長町南3-1-30
電話番号:022-247-3828 ファクス:022-247-3819

【担当区域】
 青葉区・宮城野区・泉区にお住まいの方⇒健康福祉局北部発達相談支援センター
 若林区・太白区にお住まいの方⇒健康福祉局南部発達相談支援センター