更新日:2017年6月19日

ここから本文です。

製品安全表示に関する情報

消費者の安全性の確保のために不可欠な「表示」について、電気用品安全法、家庭用品品質安全法、消費生活用製品安全法に基づく遵守状況の調査を行い、不適正な表示を行っている事業者には文書による指導のうえ、製品の撤去指示や立入調査の実施など必要な措置を講じ、消費者の安全確保に努めます。

平成28年度調査実績

電気用品安全法に基づく調査

電気用品を販売する仙台市域事業者の店舗を調査対象とし、販売及び販売目的で陳列している電気用品について電気用品安全法に基づき、適正な表示が行われているか調査を実施しました。

平成28年度重点的調査品目

LEDランプ、電気アイロン、電気掃除機、電気ストーブ、延長コードセットの5品目

電気用品安全法に基づく調査品目

調査品目

表示内容

(特定電気用品以外の電気用品)

  • LEDランプ
  • 電気アイロン
  • 電気掃除機
  • 電気ストーブ

PSEマーク

PSEマークの画像

  • 定格電圧○○○○○
  • 定格消費電力○○○○○
  • 定格周波数○○○○○
  • ○○○株式会社

(特定電気用品)

  • 延長コードセット
  • 直流電源装置

PSEマーク

PSEマーク基準適合検査機関名入りの画像

  • 定格電圧○○○○○
  • 定格入力容量○○○○○
  • 定格周波数○○○○○
  • 定格出力電圧○○○○○
  • 定格2次電流○○○○○
  • ○○○製作所

平成28年度重点的調査店舗

「ホームセンター」「100円ショップ」を重点的調査対象店舗としました。

家庭用品品質表示法に基づく調査

家庭用品を販売する仙台市域事業者の店舗において、生活に使用されている繊維製品、合成樹脂加工品、電気機械器具及び雑貨工業品のうち「品質表示の必要な家庭用品」として政令で定めるものについて、家庭用品品質表示法に基づき、品質に関する適正な表示が行われているか調査を実施しました。

調査品目

家庭用品品質表示法に基づく調査品目

調査区分

品目数

調査品目

繊維製品

3品目

靴下、エプロン、ハンカチ

合成樹脂加工品

3品目

バケツ、弁当箱、洗面器

電気機械器具

3品目

電気カミソリ、電気ポット、換気扇

雑貨工業品

3品目

魔法瓶、やかん、洋傘

消費生活用製品安全法に基づく調査

消費生活用製品を販売する仙台市域事業者の店舗において、消費者の生命・身体に対して特に危害を及ぼすおそれが多い製品として政令で定めるものについて、消費生活用製品安全法に基づき、適正な表示が行われているか調査を実施しました。

平成28年度重点調査品目

消費生活用製品安全法に基づく調査品目

調査品目

表示マーク

(特定製品)

  • 登山用ロープ
  • 圧力なべ・圧力がま
  • 乗用車ヘルメット
  • 石油燃焼機器

PSCマーク

PSCマーク(特定製品)の画像

(特別特定製品)

  • ライター
  • 携帯用レーザー応用装置
  • 乳幼児ベッド

PSCマーク

PSCマーク(特別特定製品)の画像

平成28年度調査結果

電気用品安全法

調査店舗数 8店舗

電気用品安全法に基づく調査品目

調査品目

品目数

LEDランプ

380

電気アイロン

100

電気掃除機

165

電気ストーブ

232

延長コードセット

2,522

家庭用品品質表示法

調査店舗数 17店舗

家庭用品品質表示法に基づく調査品目

調査品目

品目数

繊維製品

靴下

5,548

エプロン

300

ハンカチ

1,654

合成樹脂加工品

バケツ

1,047

弁当箱

1,464

洗面器

460

電気器具機械

電気カミソリ

123

電気ポット

150

換気扇

139

雑貨工業品

魔法瓶

84

やかん

119

洋傘

1,617

消費生活用製品安全法

調査店舗数 17店舗

消費生活用製品安全法に基づく調査品目

調査品目

品目数

登山用ロープ

14

圧力なべ・圧力がま

227

乗用車ヘルメット

127

石油燃焼機器

304

ライター

1,575

携帯用レーザー応用装置

5

乳幼児ベッド

19

まとめ

全ての製品が正しく表示されていました。ただし、LEDランプ、ライター、延長コードについては、販売用パッケージングの関係で、購入時にマークが確認できない製品が一部確認されました。

お問い合わせ

市民局消費生活センター

仙台市青葉区一番町4-11-1 141ビル(三越定禅寺通り館)5階

電話番号:022-268-7040

ファクス:022-268-8309