更新日:2016年10月1日

ここから本文です。

食品の表示制度について

食品表示法が施行されました

食品衛生法、JAS法及び健康増進法の食品の表示に関する規定を統合した「食品表示法」が、平成27年4月1日より施行されました。食品表示法は、食品を摂取する際の安全性及び一般消費者の自主的かつ合理的な食品選択の機会を確保するため、創設された一元的な制度です。

経過措置期間が設けられており、下記の食品等については従来の表示が可能です。

  • 平成32年3月31日までに製造され、加工され、又は輸入される加工食品(業務用加工食品を除く。)及び添加物(業務用添加物を除く。)並びに同日までに販売される業務用加工食品及び業務用添加物
  • 平成28年9月30日までに販売される生鮮食品(業務用生鮮食品を除く。)

食品表示法の詳しい内容については、消費者庁ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

なお、食品表示法に関する相談窓口(市内)は、宮城県ホームページ(外部サイトへリンク)内の情報を参照ください。

食品表示法の概要、従来の表示制度からの変更点については、こちらのパンフレットをご参照ください。

食品表示ガイド表紙

パンフレット「新 食品表示ガイド」(PDF:1,331KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局生活衛生課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8205

ファクス:022-211-1915