更新日:2017年9月5日

ここから本文です。

ネズミ・クマネズミ

ネズミは、さまざまな病原菌をまき散らす動物です。また、ネズミに寄生しているノミやダニによって媒介される病気もあります。ネズミによる被害は、家具や食品だけでなく、配線コードをかじられてショートしたり、ガス管をかじられて爆発を起こすこともあります。

ネズミの種類と特徴

特徴

ドブネズミ

クマネズミ

ハツカネズミ

重く太い

軽く細い

ドブネズミやクマネズミの幼獣と比べ、頭や足が小さい

太い

とがっている

厚くて小さく、折り曲げても目まで届かない。

薄くて大きく、折り曲げると目がかくれる。

丸くて大きい

頭胴より短い

頭胴より長い

頭胴より少し短い

身長

22~25cm

18~22cm

6~10cm

体重

300g

200g

15~20g

寿命

約3年

約3年

1~1.5年

生息場所

床下、地下水、ごみ箱下、石垣の周辺等一般に低所に住む

天井裏、ダクトの上、はり等一般に高所に住む

天井裏、ダクトの上等でクマネズミと似ている。

行動

下水やマンホール等を利用して平面的な行動をとる。

配電線、水道管、ガス管を垂直に上り下りする。

ピョンピョンと飛び上がるような歩き方をする。

防除対策は

ネズミの侵入を防ぐ

ネズミは自分の頭くらいの穴があれば簡単に通り抜けられます。床や壁等に通り道になりそうな穴や隙間を見つけたら補修しましょう。また、配電線を伝って侵入したり、浴室等の排水口から侵入する場合がありますので確認しましょう。

保存食品は密閉容器保存

保存食品やペットのエサは密閉容器にいれて保存しましょう。また、生ごみはふた付き容器に入れるようにしましょう。

捕そ器(トラップ)を使う

  • ネズミの通り道の壁際等の物陰に設置(エサは、魚肉ソーセージやサツマイモ等を毎日置く)しましょう。
  • 粘着シートは、少し広めに設置しましょう。

薬剤を使う

  • 一箇所だけでなく分散して置くことが重要です。ネズミは警戒心が強いので、継続して同じ場所に薬剤を置くようにしましょう。またエサと混ぜて置くことも効果があります。


【注意】
くれぐれもペットや幼児が間違って食べたりしないよう、薬剤の置き場所には注意しましょう。

クマネズミ

クマネズミの特徴

耳:薄くて大きく、折り曲げると目を覆う。
尾:頭胴長より長いことが多い。
体長:15〜24cm
体重:140〜250g
ドブネズミよりやや小さく、細身で長い尾をもっています。敏捷で木や壁に登ることや細いひもや枝をわたることが得意で、配電線、水道管、ガス管などを垂直に登り下りします。乾燥に強く粗食に耐えますが、寒さには弱く多湿を嫌うようです。天井裏、ダクトの上、壁ハメ板裏、はりなど一般に高所に住んでいます。雑食性ですが植物質、特に種実類を好んで食べます。

クマネズミの害

(1)感染症の媒介;ワイル病(レプトスピラ症)、そ咬症、ハンタウイルス肺症候群、腎症候性出血熱、サルモネラ症、E型肝炎などの感染症の伝播に関与しています。
(2)生活用品の損害;食品、衣類、ケーブルなど、さまざまな生活用品をかじって破損させます。
ネズミは門歯が一生伸び続けるので、いつも硬いものをかじります。ガスホースがネズミにかじられると、爆発する危険性があります。

画像/ネズミにかじられたガスホース

停電、コンピューター配線異常の原因になります。むきだしになった銅線にネズミの尿がかかると漏電により火災になる場合もあります。

画像/ネズミにかじられた電気配線

(3)不安やストレス;ネズミがいることで不安やストレスを感じ、生活に影響することがあります。

クマネズミの駆除方法

近年のネズミ被害の主流であるクマネズミは、殺そ剤やトラップなどによる捕獲が有効でないため、防除は手がかかりますが、「環境的防除」を徹底して行うことが問題解決につながります。
環境的防除の基本柱は、次の3つです。
(1)餌を与えない
(2)巣材を与えない
(3)住まいへの出入り及び建物内部での移動を防ぐ
<具体的な例>
(1)餌を与えない;餌になるものは残らず撤去するか、容器などにしまい、ネズミに触れさせないようにします。

  1. 食品やペットの飼料は、フタつきの密閉容器や、隙間なく扉が閉まる戸棚、冷蔵庫などにしまいます
  2. 食器皿や台所用品は使用後直ちに洗い、付着している食物を除去します。
  3. 生ごみはフタつきの容器に入れて保管します。
  4. 仏壇や神棚の供物や花は、夜には片付けます。
  5. ペットの餌は食べる分だけ与え、残りはすぐに片付けます。
  6. ベランダの鉢植えが食べられている場合、安全な場所に移します。
  7. 野鳥の餌台の餌は、夜には片付けます。

(2)巣材を与えない;家の内外を整理整頓し、巣材になるものは収納してネズミに持ち出されないようにすることが大切です
ネズミの住みやすい部屋

  • 部屋が乱雑で掃除されていない
  • 押入れに穴があいていている
  • ネズミがかじってしまうダンボール箱を収納に使っている
  • 衣類やタオルなどの布類、紙類が散乱している
  • 不要な紙類(新聞紙やスーパーの袋)や着なくなった衣類のたまり場になっている

ネズミの住みにくい部屋

  • 部屋がきれいに清掃されている
  • 押入れの穴が修理されている
  • 衣類や布類が収納ケース(厚いプラスチック等)に保管されている
  • 紙類が整理整頓されている
  • 紙類や布類のたまり場がなく、不要な紙類や布類は処分されている

(3)住まいへの出入り及び建物内部での移動を防ぐ
ネズミの侵入経路をふさぐことを、一般に防そ修繕または防そ工事と呼びます。
この対策は、殺そ剤やネズミ捕りによる防除が難しいクマネズミに対して、特に効果的な方法です。

防そグッズ

金網

金属タワシ

アルミ
パンチング板

不燃性のパテ

家庭用セメント

(1)押入やたんす、長押の裏、などにすきまがあれば、不燃性のパテやモルタルでふさぎます。
(2)流し台下の配水管まわりやエアコンの壁貫通部分にすきまがあれば、金属たわしでふさいだり、不燃性のパテやモルタルで埋めます。

(3)床下通風口や壁にすきまがあれば、金網を固定してふさぎます。

(4)屋外が乱雑になっていると、外にいるネズミを寄せつけるので屋外の整理・整頓も重要です。
特に家の壁沿いに物を置くと、ネズミの隠れ場所になってしまいます。
(5)配電盤内部にすきまがあれば、専門業者に依頼してふさぎます。
電気コードがかじられていないか確認してもらいましょう。
(写真提供:日本PCO協会 イカリ消毒仙台株式会社)

 

住まいの衛生シリーズ ネズミ(パンフレット版)(PDF:194KB)

ご相談について

お住まいの区の区役所衛生課に直接ご相談ください。(お問い合わせ先は下記のとおり。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

青葉区役所衛生課

仙台市青葉区上杉1-5-1 青葉区役所6階

電話番号:022-225-7211

(内線6727~6729)

ファクス:022-227-7829

宮城野区役所衛生課

仙台市宮城野区五輪2-12-35 宮城野区役所2階

電話番号:022-291-2111

(内線6724~6726)

ファクス:022-291-0141

若林区役所衛生課

仙台市若林区保春院前丁3-1 若林区役所2階

電話番号:022-282-1111

(内線6724~6725)

ファクス:022-282-1144

太白区役所衛生課

仙台市太白区長町南3-1-15 太白区役所2階

電話番号:022-247-1111

(内線6724~6726)

ファクス:022-247-1333

泉区役所衛生課

仙台市泉区泉中央2-1-1 泉区役所東庁舎4階

電話番号:022-372-3111

(内線6724~6726)

ファクス:022-372-3522

健康福祉局生活衛生課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8206

ファクス:022-211-1915

※お住まいの区の区役所衛生課に直接ご相談ください。