現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 農林水産業 > 農業生産に関する情報 > 環境にやさしい農業生産の取り組み

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

環境にやさしい農業生産の取り組み

仙台市では、堆肥など有機質資材を投入した土づくりを進め、化学肥料や化学農薬の削減など環境への負荷を軽減する自然生態系に調和した生産方式を推進しています。

エコファーマー(持続性の高い農業生産方式)

堆肥などによる土づくりと化学肥料、化学農薬の低減を一体的に行う生産方式を導入する計画を立て、県知事の認定を受けた農業者の愛称です。エコファーマーは、持続的で環境にやさしい農業を目指しています。⇒詳しくは宮城県ホームページへ(外部サイト)(外部サイトへリンク)

環境にやさしい農業への取組事例紹介

仙台市内で、環境にやさしい農業に取り組んでいる農業者(「エコファーマー」)が元気に活躍している状況や制度の概要などを紹介します。

がんばる!エコファーマー紹介パンフレットへ

みやぎの環境にやさしい農産物認証・表示制度

土づくりを基本に農薬や化学肥料などの化学合成資材の使用を低減、または一切使用しないで生産した農産物を認証する宮城県独自の制度です。

お問い合わせ

経済局農業振興課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8335

ファクス:022-214-8338