更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

贈与税の特例

内容

特別障害者が扶養信託契約によって受益者となる場合には、信託財産の価額が6,000万円までは、贈与税が課せられません。

扶養信託契約とは

家族や個人が特別障害者に定期的に金銭を贈与したい場合、あらかじめ一括して金銭等を受託者(信託会社及び信託業務を営む金融機関)に預け、障害のある方の生活費や入院費などを必要に応じて自動的に支払ってもらう制度です。

手続

障害者非課税信託申告書を受託者の営業所を経由して所轄の税務署あてに提出

お問い合わせ

所轄の税務署

お問い合わせ

健康福祉局障害企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-6135

ファクス:022-223-3573