更新日:2017年11月13日

ここから本文です。

贈与税の特例

内容

特定障害者(特別障害者及び一定の障害者)が、特定障害者扶養信託契約によって受益者となる場合には、信託財産の価額のうち6,000万円(特定障害者のうち特別障害者以外の者は3,000万円)までは、贈与税が非課税となります。

特定障害者扶養信託契約とは

特定障害者の方の生活の安定を図ることを目的に、その親族等(委託者)が金銭や有価証券等の財産を信託銀行等(受託者)に信託する契約です。信託銀行等は、信託された財産を管理運用し、特定障害者(受益者)の方の生活費や医療費として定期的に金銭を交付します。

手続

信託の際に「障害者非課税信託申告書」を信託銀行等の営業所を経由して所轄の税務署あてに提出

お問い合わせ

特定障害者の納税地を所轄の税務署

仙台北税務署  022-222-8121

仙台中税務署  022-783-7831

仙台南税務署  022-306-8001

お問い合わせ

健康福祉局障害企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-6135

ファクス:022-223-3573