更新日:2019年9月18日

ここから本文です。

WAKE UP!!(ワケアップ)仙台 秋のごみ減量キャンペーン2019を実施します(発表資料)

令和元年9月17日
(担当)環境局家庭ごみ減量課
(直通)022-214-8225

 

本市では「1人1日あたりの家庭ごみ排出量450グラム以下」を目指し、平成28年度より市民、事業者との協働によるごみ減量キャンペーン「WAKE UP!!(ワケアップ)仙台」を実施しています。

取り組みの開始以降、分別等の推進により家庭ごみの排出量は減少しておりますが、平成29年の調査で、家庭から出る生ごみのうちの3割が未使用のまま捨てられた食品や食べ残しの「食品ロス」であることがわかっています。

さらなるごみ減量に向けて、食べられるにもかかわらず捨てられる「食品ロス」削減への取り組みを、秋のキャンペーンとして市民の皆さんや事業者の皆さんとともに実施します。

 

1.秋のごみ減量キャンペーン

(1)実施期間

10月1日(火曜日)から10月31日(木曜日)

(2)主な取り組み

  1. 「食品ロス・ダイアリー」市民モニター調査
  2. フードドライブ
  3. 食品ロス削減のヒント~親子で旬のジャム作り講座
  4. モッタイナイキッチン 秋のキャンペーン
  5. その他 SNS等を活用した市民広報

各取り組みの詳細は別紙(PDF:222KB)参照

(3)キックオフイベント 市民セミナー「始めませんか“美人冷蔵庫ライフ”」

食品ロスを減らすための効果的な冷蔵庫収納についての講演を、実物の冷蔵庫を使用したデモンストレーションを交えて実施します。

日時  9月27日(金曜日) 午前11時~正午

会場  せんだいメディアテーク 7階スタジオシアター

講師  食品ロス削減アドバイザー・冷蔵庫収納家 福田 かずみ(ふくだ・かずみ)氏

参加者   150名 (※)申し込みは終了しました

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ