現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2019年度(令和元年度)一覧 > 9月 > WAKE UP!!(ワケアップ)仙台 秋のごみ減量キャンペーン2019を実施します(発表内容)

更新日:2019年9月18日

ここから本文です。

WAKE UP!!(ワケアップ)仙台 秋のごみ減量キャンペーン2019を実施します(発表内容)

令和元年9月17日

 

平成28年から展開をしております、ごみ減量キャンペーン「WAKE UP(ワケアップ)!!仙台」ですけれども、10月1日(火曜日)から秋のキャンペーンを行います。

東日本大震災の後、急増いたしました仙台市の家庭ごみ排出量ですけれども、市民の皆さまのご協力によって減少傾向にあります。一時は500グラムを超えていた1人1日あたりの家庭ごみの排出量ですけれども、昨年度は462グラムに低減してまいりました。目標である450グラムを達成するためにさらに一歩、ごみ減量・リサイクルを進める必要がありますが、平成29年に生ごみの内訳を調査したところ、生ごみの3割はまだ食べられるのに捨てられた食品、いわゆる「食品ロス」であることも分かっております。

国において今年5月に食品ロス削減推進法が公布されまして、10月が「食品ロス削減月間」と定められました。こうしたことから、今回のキャンペーンは食品ロス削減をテーマに実施してまいります。

キャンペーンの概要ですが、まずご家庭で発生する食品ロスを記録するモニター調査を600世帯の皆さまにご協力いただき実施いたします。ご家庭での気付きに役立てていただくとともに、この結果を今後の施策の検討にも生かしていきたいと考えているところでございます。

また10月の1カ月間、ご自宅などで余っている食品を持ち寄って必要な方や団体へ届ける「フード・ドライブ」を行います。今回はイオンさんのご協力によりまして、市としては初めて民間施設に回収拠点を設置いたします。このほか食品ロス削減のヒントが得られるイベント等を行う予定でございます。

ご家庭での小さな取り組みでも、日々積み重ねることで大きなごみ減量につながってまいります。家計の節約や、それからお子さんの食育にもつながるこの食品ロス削減に、ぜひこの機会に皆さんに取り組んでいただければ大変うれしく思うところでございます。

 

仙台市長 郡 和子