更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

卸町に能舞台型文化交流拠点施設を整備します(資料)

(担当)市民局文化振興課
(電話)022-214-6138

本市では、平成23年7月開館を目指し、若林区卸町に「せんだい演劇工房10-BOX別館」として、能舞台型文化交流拠点施設を整備することとしました。

協同組合仙台卸商センターが所有する「イベント倉庫きよみず」を改修のうえ、個人から寄贈された能舞台を移築し、文化芸術の振興及びまちづくりの拠点となる市民利用施設として整備するものです。

近隣に所在する「せんだい演劇工房10-BOX」とともに、財団法人仙台市市民文化事業団が一体的に管理運営を行う予定です。

1.移築する能舞台

(1)大きさ

本舞台4.5m×4.5m(二間半四方)※正式の能舞台より一回り小さい

(2)材質

桧材

(3)経緯

  • 昭和51年築(青葉区小松島4丁目に所在)
  • 平成22年1月、仙台市に寄贈
  • 平成22年3月、解体・保管

2.改修する倉庫

(1)物件名

イベント倉庫きよみず

(2)所在地

若林区卸町2丁目15-6

(3)所有者

協同組合仙台卸商センター

(4)構造

鉄骨造、平屋、床面積252.72平方メートル

3.施設の概要

(1)基本理念

「伝統文化の承継」「個性ある街づくり」「都市の創造性の向上」

(2)施設の位置づけ

  • 能楽をはじめ、神楽・お囃子・舞踊等の伝統芸能、また能舞台の特性を活かした現代演劇等、様々な舞台芸術の拠点となることを目指す。
  • 本格的な能楽堂という位置づけではなく、「創造する場」「交流する場」をテーマとする。
  • せんだい演劇工房10-BOXと一体的な運用を行う。

(3)客席数

80~100席程度(固定席を設けない平土間形式)

4.事業スケジュール

平成22年12月 工事着工

平成23年3月 工事竣工

平成23年7月 開館

5.施設整備費(平成22年度予算額)

5,000万円((協)仙台卸商センターへの負担金)

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921