更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

タイ国政府観光庁との「観光に関する相互協力協定」を再締結します(質疑応答)

(1)今回タイ国政府観光庁と協定を再締結する目的と、今までの成果について伺う

タイはご承知のとおり、ある意味で社会が成熟してきて、海外旅行を楽しみたい国民の方々がこれから増えていく可能性の高い国だと考えてまいりました。

今までも海外旅行で日本に来ていただく先としては、韓国、香港などいろいろありますが、伸びしろが大変期待できるのがタイではないかということで、我々もセールスのポイントをタイに大きく置いてきました。震災の前までは、かなり伸び率が高く、年々こちらにおいでになる方も増えていました。

しかしながらこの震災で、他の地域もそうですが、急激に減ってしまいましたので、ここはもう一度東北・仙台の観光の安全性や魅力を訴えて、まだタイ政府は海外渡航を自粛する地域に東北を指定していると思いますので、しっかりご説明をして渡航の自粛を解除していただきたいと考えました。

せっかく可能性があって伸びてきたものですから、日本の事情、そしてタイの去年の洪水の事情がある程度復旧してくれば、今後ともお互いにとって良い観光地同士になれる可能性は高いと考えて今回協定をさらに長期にわたって延長する合意をしたいと決めたところです。

仙台市長 奥山 恵美子

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921