現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 過去の市長記者会見 > 市長記者会見 2012年度(平成24年度) > 7月 > 蒲生北部地区の再整備を土地区画整理事業で進めます(発表内容)

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

蒲生北部地区の再整備を土地区画整理事業で進めます(発表内容)

仙台市では、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた蒲生北部地区につきまして、仙台市施行の土地区画整理事業により再整備を行う方針を決定しましたので、お知らせいたします。

蒲生北部地区は、従前から市街化区域として、住宅や業務系用途としての土地利用が混在していた地区でございますが、震災を受け、そのほとんどが防災集団移転促進事業の移転促進区域となりました。今後、住宅の移転により、空地が散在することが想定される一方で、徐々にではありますが事業所等の再建も始まっている状況でございます。

また、震災復興計画におきまして、本地区は集団移転後に、新たな成長産業の集積を促進する業務系土地利用を前提に再整備を図ることとしております。こうしたことから、このたび仙台市施行の土地区画整理事業により、都市基盤の再整備を実施することとしたものでございます。

今後、地区内の土地の整理集約を進め、避難ルートの確保や土地利用の効率化を図りながら、業務エリアにふさわしい道路配置や街区構成とした基盤整備の検討を進めてまいります。
今月末からは、土地所有者の皆さまへの説明会も予定しているところでございまして、秋には「被災市街地復興推進地域」の指定を行うことにより、一定の建築制限をかけ、事業の円滑な推進を図ってまいりたいと考えております。今年度末の土地区画整理事業区域の都市計画決定を目指して取り組んでまいります。

仙台市が主導する形で本事業を進めることによりまして、防災集団移転促進事業と並行した円滑かつ迅速な事業の進捗が可能になると考えております。地域経済を牽引する業務エリアの早期再生に向けまして、蒲生北部地区の土地区画整理事業に鋭意取り組んでまいりたいと考えております。

仙台市長 奥山 恵美子