更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

東北大学と「コンベンションの誘致・開催における連携・協力に関する協定」を締結します(発表資料)

(担当)経済局国際プロモーション課
(電話)022-214-8248

このたび、仙台市へのコンベンションの誘致・開催を推進するため、東北大学と連携・協力の協定を締結します。

仙台市はこれまで、東日本大震災により低迷した交流人口の回復を図るとともに、仙台・東北の被害状況や復興状況を国内外に正確に発信し、風評被害を払拭するため、政府や国際機関等が主催する国際会議等を積極的に誘致するなど、コンベンションの推進に注力してきました。

この取り組みをさらに強固なものとし、教育研究機関が集積する「学都仙台」の強みを活かした、国内トップクラスのコンベンション都市を目指すため、今回、『東北大学と仙台市とのコンベンションの誘致・開催における連携・協力に関する協定』を締結します。

1 協定の締結

(1)日時

平成24年10月30日(火曜)午後2時~

(2)会場

ウェスティンホテル仙台 2階 「グランドボールルーム」

(3)出席者

東北大学

  • 総長 里見 進(さとみ・すすむ)氏
  • 理事 植木 俊哉(うえき・としや)氏
  • 副学長 青木 孝文(あおき・たかふみ)氏

仙台市

  • 市長 奥山 恵美子
  • 副市長 伊藤 敬幹
  • 経済局長 高橋 裕

(4)協定の内容

  • (ア)学術研究集会等コンベンションの誘致・開催に関する情報や人的資源、知的資源の活用に関する事項
  • (イ)コンベンションの誘致・開催のための環境の整備に関する事項
  • (ウ)その他前条の目的を達成するため、両者が協議して必要と認める事項

(5)協定の有効期間

協定締結の日から5年間

(6)協定締結記念シンポジウムについて

協定締結式終了後、14時45分より同会場において、「コンベンション都市仙台の実現に向けて」をテーマにシンポジウムを開催します。

〔基調講演〕

観光庁MICE推進担当参事官 高見 牧人氏

〔パネルディスカッション〕

  • ファシリテーター
    マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル 上田 浩太郎氏
  • パネリスト
    観光庁MICE推進担当参事官 高見 牧人氏
    森観光トラスト代表取締役社長 伊達 美和子氏
    東北大学大学院経済学研究科教授 吉田 浩氏
  • 参加者
    約150名(コンベンションに関係する民間事業者等)

2 コンベンション推進体制の強化について

平成24年11月1日付で、経済局国際プロモーション課内に、係相当の「コンベンション推進室」を設置します。

同室では、政府系の国際会議誘致やそれらを通じた本市のPRを図るほか、東北大学や仙台観光コンベンション協会と連携したコンベンション誘致、関係機関との体制の整備、コンベンション誘致にかかる地元の受け入れ体制の充実などを担当します。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921