更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

1カ所目の津波避難タワーが完成します(発表資料)

(担当)危機管理室防災都市推進課
(電話)022-214-3047

東日本大震災の教訓を踏まえ、仙台市では津波避難施設の整備を進めています。この津波避難タワーは、津波発生時またはその恐れのある場合に、地域住民等がより円滑に避難できる施設として整備するもので、平常時においても防災訓練等に活用し、避難意識の定着を図るものです。
今回、初めての津波避難タワーが2月に完成します。

この津波避難タワーは、3月の国連防災世界会議時のスタディツアーに組み込むなど、国内外に東日本大震災の教訓を踏まえた津波防災対策の一つとして紹介します。

1 名称

中野五丁目津波避難タワー

2 所在地

宮城野区中野5丁目2番地(仙台港背後地3号公園内)※地図参照
(旧 宮城野区蒲生字耳取148-2他)

3 構造等

鉄骨造(2階建)屋外階段、スロープ付き
延べ面積 398平方メートル
高さ 2階部分避難スペース 6m、最上階避難スペース 9m

4 設備備蓄品

トイレ3台、発電機1台、防災行政用無線1機、毛布・非常食・飲料水 各300名分

5 収容人員

約300人

6 完成報告会・住民利用説明会

施設の完成を記念して、地域住民の方々を対象に、完成報告会および利用説明会を開催します。

(1)日時

2月14日(土曜日)
完成報告会 午前10時~11時
利用説明会 午前11時~正午

(2)会場

中野五丁目津波避難タワー 宮城野区中野5丁目2番地
(旧 宮城野区蒲生字耳取148-2他)

写真:中野5丁目津波避難タワーの画像

中野5丁目津波避難タワー

7 津波避難施設整備予定

(1)整備内容

  • (a)タワー型
    6カ所
  • (b)ビル型(消防団施設併設)
    5カ所
  • (c)学校施設への外階段設置型
    2カ所(高砂中・岡田小)

(2)完成時期

  • (a)中野五丁目津波避難タワー
    2月完成
  • (b)学校施設への外階段設置型(2カ所)
    3月末完成予定
  • (c)その他の10カ所
    設計後、順次着工し、27年度1カ所、28年度9カ所完成予定

 

画像:中野5丁目津波避難タワー位置図

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921