更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

大規模な国際会議等の誘致に向けた新たな助成制度を創設します(発表資料)

(担当)経済局国際プロモーション課
(電話)022-214-8248

仙台市では、コンベンション誘致をさらに強力に推進するため、世界レベルの国際会議などの誘致に向けた助成制度を創設します。

この助成制度は、コンベンションの開催に対する財政的な支援としては、国内トップクラスの水準となるもので、今後、この制度を最大限活用し、大規模な国際会議等の開催実績を重ねることにより、本市の知名度や都市ブランドの向上に努め、コンベンション都市・仙台の実現を目指します。

1 名称

「大規模国際コンベンション開催助成金」

2 対象

市内で開催される大規模コンベンション(学術会議、総会、大会等)のうち、次の要件を満たすもの。(原則として、政府系の会議は除く)

  • (1)開催日数 3日以上
  • (2)総参加者数(実数) 1500人以上で、かつ外国人数300人以上
  • (3)参加国数 3カ国以上(日本を含む)
  • (4)その他 本市が誘致活動を行った結果、仙台市で開催されることなど

3 対象経費

会場費、会場設営・撤去費、看板・印刷物制作費および広告宣伝費など

4 助成額

1000万円または助成対象経費の50%のいずれか低い額

※ただし、会議等運営支出が収入を上回った場合にのみ助成し、収支差額が上限。
また、既存の助成制度との併給は不可。

5 施行日

平成27年4月1日

【参考】既存の主なコンベンション開催助成制度(観光コンベンション協会の制度)

大型コンベンション助成

  • (1)対象 参加者500名以上の会議等
  • (2)助成額 最大300万円(助成対象経費の10%以内)

国際学術会議助成

  • (1)対象 参加者100名以上の会議等のうち外国人割合が10%以上の学術会議
  • (2)助成額 最大80万円