更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

平成26年度「市民防災の日」仙台市総合防災訓練を実施します(発表資料)

(担当)危機管理室減災推進課
(電話)022-214-3049

東日本大震災の教訓を踏まえ、「自助」「共助」の促進、「公助」の推進を図ることを目的に、大規模地震・津波災害を想定した実践的な訓練を実施します。

1 日時

6月12日(木曜)8時30分~11時予定(雨天決行)

2 想定災害

訓練は午前中に実施しますが、地震の発生時刻を夜の時間帯と想定して行います。

(1)震源地等

20時30分、マグニチュード9.0の地震発生(震源地 三陸沖)、市内の震度6強

(2)津波想定

20時33分、宮城県に大津波警報発表、21時15分に仙台港へ7mの津波到達予想

3 訓練内容等

自主防災・避難所運営訓練

訓練内容

実施会場

  1. 発災直後の身の安全の確保や安否確認など、地域の実情に応じた自主防災訓練を行います。
  2. 「地域版避難所運営マニュアル」に基づき、避難者の配置分けや避難者の把握、トイレの確保、災害時に支援を必要とする要援護者の支援、食料や必要な物資の確保など、避難所運営で重要な初期段階での一連の流れを確認する訓練を行います。
  3. 児童・生徒による防災訓練等を行います。
  • 旭ヶ丘地区および旭丘小学校
  • 愛子地区および愛子小学校
  • 枡江地区および枡江小学校
  • 遠見塚地区および遠見塚小学校
  • 袋原地区および袋原中学校
  • 鶴が丘地区および鶴が丘中学校

夜間のため学校施設管理者が不在という設定で訓練を開始します

体育館で実施する避難所運営訓練は、暗幕等を用い、「夜間」を再現します

津波避難訓練

訓練内容

実施会場

  1. 津波広報訓練
    津波情報伝達システム、広報車、ヘリコプター、緊急速報メール(※1)など、さまざまな方法による津波避難広報を行います
  2. 津波避難訓練
    津波避難エリア内の市民や事業者の方々が「津波からの避難の手引き(※2)」や「地域ごとに作成する津波避難計画」に基づき、津波避難エリア外や指定避難所等への避難を行います。
  3. 津波避難者受入れ訓練
    指定避難所や津波避難ビルで避難者の受け入れの訓練を行います。
  • 津波避難訓練は津波避難エリア、エリア内外の小・中学校20校(宮城野区6、若林区9、太白区5(※3))、緊急一時避難場所・津波避難ビル等で実施します。
  • 避難訓練は夜間想定のため、参加者には懐中電灯やポケットラジオの携行を呼びかけています。
震災初動対応訓練(5月22日、23日実施)

訓練内容

実施会場

  1. 市の各部署で、発災初期における災害対策要員を確保するための職員非常呼出システムや非常参集連絡網を用いた、非常参集伝達訓練を行います。(5月22日)
  2. 各局・区で、震災初動期対応チェック表に基づき、庁舎の安全確認の実施体制や、自家発電設備の動作状況、燃料の備蓄状況の確認など、発災初動期に優先的に実施する業務をあらかじめ洗い出し、当日の訓練で実践します。(5月23日)
  • 仙台市災害対策本部
  • 各区災害対策本部
  • 市の各部署(各局・区)

市民防災の日

仙台市では、昭和53年6月12日に発生した宮城県沖地震の経験を生かすため、災害に強く一層安全な都市を目指し、翌年の昭和54年6月12日に「防災都市宣言」を行うとともに、6月12日を「市民防災の日」と定めました。その後、毎年この日に全市的な総合防災訓練を実施しています。

※1 緊急速報メールは、津波避難エリア以外の仙台市域でも受信する設定になっています。

※2 「津波からの避難の手引き」は、昨年の市政だより5月号と一緒に、市内の全世帯に配布しています。

※3 津波避難エリア、エリア内外の小・中学校20校

  • 宮城野区(6校)
    岡田小学校、高砂中学校、鶴巻小学校、福室小学校、中野中学校、中野栄小学校
  • 若林区(9校)
    六郷中学校、六郷小学校、沖野東小学校、沖野小学校、沖野中学校、蒲町小学校、蒲町中学校、七郷小学校、七郷中学校
  • 太白区(5校)
    東四郎丸小学校、四郎丸小学校、袋原中学校、袋原小学校、郡山小学校

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921