更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台市総合防災訓練を実施します(発表資料)

平成28年5月17日

(担当)危機管理室減災推進課
(電話)022-214-3049

仙台市では昨年9月の関東・東北豪雨や東日本大震災の教訓を踏まえ、大雨による大規模水害や直下型地震を想定した訓練を実施します。なお、水害を想定した総合防災訓練は、今回が初めてとなります。

1 日時

6月12日(日曜:市民防災の日())午前9時(太白区のみ午後6時)から

2 会場および訓練種別

各区会場と訓練種別

会場

訓練種別

開始時間

青葉区

八幡地区・八幡小学校

水害

午前9時

宮城総合支所

大沢小学区・大沢小学校

水害

午前9時

宮城野区

福室小学区・福室小学校

地震

午前9時

若林区

六郷沖野地区・沖野小学校

水害

午前9時

太白区

富沢地区・富沢小学校

地震

午後6時

泉区

桂地区・桂小学校

地震

午前9時

3 災害想定

(1)水害

台風から変わった低気圧が日本海を北上し、また、別の台風が日本の東海上を北上している。宮城県では、発達した積乱雲が次々に発生したため非常に激しい記録的な大雨となり、市内の各地域で大規模な土砂災害や河川の氾濫が発生する恐れがある。

(2)地震

長町-利府線断層帯を震源とする直下型地震が発生。地震の規模はマグニチュード7.5、市内における最大震度は7を観測した。津波警報等の発表はない。(津波なし)

4 訓練内容

町内会をはじめとした地域の方々主体で訓練を実施します。

(1)水害対応訓練

ハザードマップを活用した避難ルートや避難方法の確認、土のうの作製など家庭や地域で行える浸水対策、新たに作成した避難所運営マニュアル(別冊)大雨時避難・開設編に基づく避難所の開設訓練等を行います。

(2)地震対応訓練

家庭内の安全確保や地域による安否確認および避難支援、初期消火などの自主防災・発災対応型訓練、避難所の開設・運営訓練等を行います。

 

「市民防災の日」

仙台市では、昭和53年6月12日に発生した宮城県沖地震の経験を生かすため、災害に強く一層安全な都市を目指し、翌年の昭和54年6月12日に「防災都市宣言」を行うとともに、6月12日を「市民防災の日」と定めました。その後、毎年この日に全市的な総合防災訓練を実施しています。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921