更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

子ども医療費助成制度を拡充します(発表資料)

平成28年8月30日

(担当)子供未来局子育て支援課
(電話)022-214-8504

本市では、未来を担う子どもたちがすこやかに育つまちを目指し、安心して子育てができる社会づくりのため、さまざまな施策を展開しています。

このたび、子育て家庭の経済的負担を軽減し、支援をより一層充実させるため、仙台市子ども医療費助成制度について、通院に対する助成対象年齢を入院と同じ中学校3年生まで引き上げるなど、拡充を図ります。

1 実施時期

平成29年10月1日

2 拡充内容(通院に対する助成)

  • (1)対象年齢:0歳~中学校3年生まで
    現行の小学校3年生までを、中学校3年生まで(※)に引き上げる。
    (※)満15歳に達する日以後の最初の3月31日まで
  • (2)利用者一部負担金:小学校1年生から中学校3年生までを対象
    通院初診時に利用者が500円を負担。現行では3歳から小学校3年生までを対象としていたが、0歳から小学校就学前までは負担なしとし、小学校1年生から中学校3年生までが対象となる。

※所得制限は、532万円/年(扶養親族等が0人の場合。1人増えるごとに38万円加算)。現行から変更なし

3 必要経費

年間約10.7億円

※システム改修費は別途

【参考】

入院に対する助成(変更なし)

  • 対象年齢:0歳~中学校3年生まで
  • 利用者一部負担金:小学校1年生から中学校3年生までの利用者が1日500円を負担(10日上限)
  • 所得制限:532万円/年(扶養親族等が0人の場合。1人増えるごとに38万円加算)

子ども医療費助成制度の仕組み

子ども医療費助成制度(通院時と入院時)

※所得制限の額は扶養親族等が0人の場合