更新日:2019年8月30日

ここから本文です。

自立支援医療(精神通院) 申請等手続きについて

制度の内容

  • 精神疾患により継続した通院が必要な方について、医療費の自己負担分の一部を公費で負担する制度です。
  • 自己負担額は、医療費の原則1割負担となります。収入に応じて、月ごとの自己負担上限額があります。
  • 入院医療費は対象となりません。
  • 利用できる医療機関は、都道府県及び政令指定都市が指定した「指定自立支援医療機関(病院・診療所・薬局・訪問看護事業所)」に限ります。

申請・更新手続きについて

  • 申請・更新手続きの窓口は、お住まいの住所を管轄する各区役所障害高齢課及び宮城総合支所保健福祉課でお受けします。判定業務は仙台市精神保健福祉総合センターが担当します。
  • 申請から受給者証交付まではおおむね1か月半かかります。※申請書類の不備や診断書の内容に不備がある場合は、通常よりも時間がかかることがあります。
  • 有効期間は1年間です。引き続き制度の利用を希望する場合には更新申請が必要です。有効期限の3か月前から更新手続きができます。
  • 更新申請のご案内は行っておりません。
  • 更新が必要な方は、受給者証の有効期限が切れないように更新手続きを行ってください。更新せずに受給者証の有効期限が切れてしまった場合、再開の申請をするまでの間は本制度は適用されません。

申請に必要なもの

  1. 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書(◎)
  2. 通院する本人名義の健康保険証の写し
  3. 自立支援医療用診断書(精神通院医療用)(◎)
    ・指定自立支援医療機関(精神通院)で作成された所定の様式の診断書が必要です。作成日から3か月以内のものに限ります。(仙台市の指定自立支援医療機関一覧はこちら
    ・医師による診断書作成は有料となります。(料金は医療機関にご確認ください)
    ・精神障害者保健福祉手帳と自立支援医療(精神通院)を同時に申請する場合、「精神障害者保健福祉手帳用診断書」を添付すれば「自立支援医療用診断書(精神通院医療用)」は省略できます。
    ・更新申請の場合、現在お持ちの受給者証下部に「次回更新時、診断書の提出は不要です」と記載されている方は、診断書の提出は不要です。
  4. 個人番号カード等(平成28年1月から手続きにマイナンバーが必要です)
    ・本人の「個人番号カード」の写し
    ・本人のマイナンバーがわかる「通知カード」の写し及び本人であることが確認できる書類 ※本人確認書類としては個人番号カード(写真付きのカード)以外の場合は、写真付きの書類(運転免許証、障害者手帳、パスポート)などから1点、写真付きでない書類(健康保険証、年金手帳)などの場合は、2点の写しが必要となります。                                                      ・代理人による申請の場合は、別途必要書類があります。 ※詳しくは、「障害福祉サービス等の手続きに、マイナンバーが必要です」のページをご覧ください。                                                   
  5. 印鑑(代理の方が申請する場合に必要です)
  6. 本人と同じ保険証をお使いの世帯全員の個人市民税がわかる書類(必要でない場合があります)
  7. 世帯全員が非課税の場合は、通院する本人の収入が確認できる書類(例:障害年金証書の写しなど)
  8. 自立支援医療(精神通院)収入状況申告書(必要な場合があります)(◎)
  9. 生活保護受給者の場合は、生活保護を受給していることを証明する書類(例:生活保護証明書など)
  10. 寡婦(夫)控除のみなし適用を希望する場合は、寡婦(夫)控除のみなし適用申立書(◎)

(◎)印の用紙は各区役所障害高齢課、各総合支所保健福祉課窓口に用意しております。
また、仙台市ホームページよりダウンロードできます。
ダウンロードはこちら

変更等で手続きが必要なこと

 受給者証の記載内容に変更がある場合は、速やかにお住まいの区役所障害高齢課または宮城総合支所保健福祉課で変更等の手続きを行ってください。
手続きの際には、現在お使いの受給者証をお持ちください。

(医療機関の変更)

 指定医療機関を変更する場合は、申請受理日から変更後の指定医療機関を利用できます。

(氏名、保健証の変更)

 変更を確認できる書類等をお持ちください。

(居住地の変更)

 有効期間内に仙台市以外に転居(居住地変更)すると、現在お持ちの受給者証は使用できなくなります。手続きについては、転出先の市町村にお尋ねください。

 仙台市内の住所変更の場合は、新しい住所地の区役所障害高齢課または宮城総合支所保健福祉課で手続きを行ってください。

(所得区分の変更)

 変更申請が認められた場合、自己負担上限額については、申請受理日の翌月1日から変更後の内容が適用になります(生活保護を除く)。

(破損、紛失した場合)

 再交付の申請を行ってください。

申請窓口・お問い合わせ先

申請窓口・お問い合わせ先一覧

各区担当課

電話番号

青葉区障害高齢課 障害者支援係

022-225-7211(代表)

宮城野区障害高齢課 障害者支援係

022-291-2111(代表)

若林区障害高齢課 障害者支援係

022-282-1111(代表)

太白区障害高齢課 障害者支援係

022-247-1111(代表)

泉区障害高齢課 障害者支援係

022-372-3111(代表)

宮城総合支所 保健福祉課 障害者支援係 022-392-2111(代表)

 添付ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局精神保健福祉総合センター

仙台市青葉区荒巻字三居沢1-6

電話番号:022-265-2192

ファクス:022-265-2190