更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

産業廃棄物を事業場の外での保管する際の事前届出制度

改正の内容

排出事業者は、建設工事に伴い発生する産業廃棄物(特別管理産業廃棄物を含む。)を、排出した事業場の外において自ら保管するときは、事前に仙台市長に届け出ることとなりました。違反した場合、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。

ポイント

  1. 届出対象となる保管場所の面積は300平方メートル以上
  2. 届出場所における産業廃棄物の保管は、産業廃棄物処理基準が摘要
  3. 届出内容を変更する場合は、事前に変更届の提出が必要
  4. 保管場所での保管を廃止する場合は、その日から起算して30日以内に廃止届の提出が必要
  5. 年度当初(4月1日)時点で保管を行っている場合は、その年の6月30日までに届出が必要

届出の対象外

  • 収集運搬業許可の積替え保管施設での保管
  • 処分業許可や施設設置許可の範囲内で行う産業廃棄物の保管
  • ポリ塩化ビフェニル(PCB)特別措置法に基づく届出に係るPCB廃棄物の保管

非常災害時の届出

非常災害のために必要な応急措置として保管を行うときは、保管した日から14日以内に仙台市長まで届け出る必要があります。

様式のダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

Wordビューアダウンロード

Word形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。Word Viewerのダウンロードページ

お問い合わせ

環境局事業ごみ減量課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎2階

電話番号:022-214-8235

ファクス:022-214-8356