現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 緑・公園・河川 > 公園 > 整備事業 > (仮称)米ケ袋一丁目公園(魯迅記念広場)整備事業

更新日:2020年7月29日

ここから本文です。

(仮称)米ケ袋一丁目公園(魯迅記念広場)整備事業

(仮称)米ケ袋一丁目公園(魯迅記念広場)整備事業

概要

中国の文豪で知られる魯迅は、明治37年(1904年)、仙台医学専門学校(現東北大学医学部)へ留学し、片平(現米ケ袋)にあった「佐藤屋」に下宿していました。魯迅が佐藤屋に下宿していたのは次の下宿先に転居するまでの数カ月でしたが、下宿屋を営んでいた旧仙台藩士の佐藤喜東治の孫である故竹中正雄氏の代まで、魯迅の子孫との交流が代々受け継がれていました。本市では、この場所を魯迅の足跡を伝える公園として整備します。2020年秋頃に工事着手を予定しています。

  • 中国語簡体字訳

明治37年(1904年)、中国文豪鲁迅留学于仙台医学专门学校(现东北大学医学部)时、在片平(现米袋)的「佐藤屋」寄宿。鲁迅在佐藤屋寄宿至搬迁到下一住处、仅有几个月的时间。但是、直至经营寄宿的旧仙台藩士佐藤喜东治的孙子故竹中正雄氏这一辈、与鲁迅子孙之间的交流世代传承下来了。仙台市将此地做为纪念鲁迅之足迹的公园加以整修。预计于2020年秋季开始施工。

  • 中国語繁体字訳

以中國文豪聞名的魯迅、曾於明治37年(西元1904年)到仙台醫學專門學校(現在的東北大學醫學部)留學、當時寄宿在片平(現在地名為米之袋)的「佐藤屋」。雖然魯迅轉到下一個住宿地之前、寄宿在佐藤屋只有幾個月的時間、但是到經營寄宿的仙台藩士佐藤喜東治的孫子、已過世的竹中正雄為止都繼續跟魯迅子孫輩的交流。本市將整頓此地作為傳述魯迅足跡的公園。預定於2020年秋天左右開始動工。

完成イメージ図

計画平面図

基本情報

面積

約400平方メートル

現在の状況

石碑写真現場写真

魯迅について詳しくは以下のリンクをご覧ください

お問い合わせ

建設局公園課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階

電話番号:022-214-8396

(内線4174)

ファクス:022-214-8358