現在位置
トップページ>
住みよい街に>
ごみの出し方・減量>
ごみの出し方>
家庭ごみの出し方

住みよい街に

家庭ごみの出し方

平成26年10月29日更新

収集日当日の、早朝から朝8時30分までに、決められた集積所に出してください。
収集日の前の日や夜、集めた後は出さないでください。集積所が汚れたり悪臭の原因になります。

週2回収集(祝日も収集します)
※年末年始の収集は原則お休みです。(収集日は別途お知らせします)

※商店・オフィス・飲食店等から出る「事業ごみ」は家庭ごみの集積所には出せません。事業ごみの処理方法は「事業ごみの分け方・出し方(概要)」でご確認ください。

家庭ごみの日に出すものは

「プラスチック製容器包装、缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類、紙類」以外のもので、一番長い部分がおおむね30cm以下のものです。
※燃やせるごみ、燃やせないごみの区別はありません。
※迷ったら五十音で引くワケ方事典をご覧ください。
※一番長い部分がおおむね30cmを超える場合は粗大ごみへ出してください。
※多量に出す場合は臨時ごみとしてお申し込みください。
※「市で収集しないもの」(下記関連リンク参照)は出せません。

1回に出せる重さ(容量)

10kg(45リットル)以下(大サイズの袋程度)です。

出し方

 家庭ごみ指定袋(有料)に入れて口をしばって出してください。

 仙台市では、ごみ処理費用の一部をご負担いただく、有料化を実施しております。指定袋の価格にはごみ処理費用が含まれており、指定袋を購入することでごみ処理費用を支払うことになります。

画像/口をしばった家庭ごみ指定袋

※家庭ごみ指定袋以外では出せません。レジ袋では出せませんので、ご注意ください。(レジ袋を内袋として使うことはできます。)

※フタ付きのポリバケツ・コンテナボックスを使用する場合でも、家庭ごみ指定袋を使用してください。

 指定袋のサイズと価格(ごみ処理手数料)

種類

容量

単価

販売額

45リットル

40円

400円

30リットル

27円

270円

20リットル

18円

180円

特小

10リットル

9円

90円

※10枚を1セットで販売しています。(消費税込み)

※指定袋取扱店(仙台市内および仙台市近郊のスー
パー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセ

ンターなど)で販売しています。

 画像/家庭ごみ指定袋(大)
指定袋

 

画像/家庭ごみ指定袋外装袋
外装袋

 

 指定袋取扱店には、「取扱店シール」が掲示されています。                                                                                      家庭ごみ指定袋取扱店シール

出すものの例

画像/生ごみ

台所の生ごみ

 画像/食用油

食用油

水気を切ってください。
※たい肥化すれば資源になります。生ごみの減量・リサイクルについて詳しくは、ワケルネット(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

紙・布などに染み込ませるか、凝固剤で固めてください。

※店頭回収を行っているお店もあります。回収店舗など詳しくは、ワケルネット(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

画像/紙おむつ

紙おむつ

画像/花火、マッチ

花火・マッチ・固形燃料

汚物は取り除いてください。

水に浸してから出してください。

画像/ペットのふん

ペットのふん

 画像/空気入れ、ポリタンク、かさ

かさ・空気入れ・灯油ポンプ・ポリタンクなど

紙で包むか、ビニール袋に入れてください。

家庭ごみ指定袋に入れて出してください。 

画像/ビデオテープ、CD、ミニカー、バケツ

プラスチック製品

画像/アイロン、ドライヤー

小型の家電製品

おもちゃ、バケツ、ビデオテープ・CD・DVD・MDとそれらのケース、密封容器など

30cm以下のもの。

※区役所などに設置した専用のボックスで回収しています。回収場所など詳しくは、ワケルネット(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

画像/ライター

 ライター

中のガスを使いきって、水に浸してから出してください。
※使い切れない場合の処理方法は、(社)日本喫煙具協会ホームページ(別ウィンドウで開きます)で確認できます。

画像/写真、紙コップ、洗剤の箱

リサイクルできない紙類

紙コップ、においのついた紙、写真、感熱紙、裏カーボン紙など
※リサイクルできるものは、紙類へ出してください。

 画像/ダウンジャケット、ぬいぐるみ、レインコート

衣類・布類

綿入りの衣類や雨具など

※リサイクルできるものは、集団資源回収や資源回収庫などをご利用ください。(布類のリサイクルについて詳しくは、ワケルネット(別ウィンドウで開きます)をご覧ください)

 画像/ガラスのコップ、茶わん、包丁、電球、鏡

割れ物・鋭利なもの(ガラス、鏡、電球、刃物、竹串、割れたびん、せともの、皿、コップ、植木鉢など)

1.厚い紙などでしっかり包んで、
2.家庭ごみ指定袋に入れて、
3.家庭ごみ指定袋に「危険」と見えるように書いて出してください。
図解/割れもの・鋭利なものの出し方 

 画像/注射器図解/点滴用パックなどの出し方

在宅医療の廃棄物

注射針(ペン型・自己注射器を含む)等の鋭利なものは、かかりつけの医療関係機関などに処理を依頼してください。

パックやチューブ類は、ビニール袋などで密封して、家庭ごみ指定袋へ入れてください。

 画像/せん定枝画像/木材

庭の木の枝

家庭ごみ指定袋に入れ難いせん定枝については、直径は30cm以内、長さは80cm以内の束にして出していただく場合に限り、家庭ごみ指定袋は不要です。(1回につき1束まで)
※多量に出す場合は臨時ごみとしてお申し込みください。

※木材などは対象になりません。

 

家庭ごみ処理手数料の減免制度

対象者からの申請に基づき、減免相当分として家庭ごみ指定袋(中)50枚をお送りします。

対象者と申請方法

市から紙おむつの支給を受けている高齢の方・障害をお持ちの方(年1回配布)

市から送付される申請書で申し込んでください。

満1歳までの乳児のいる家庭(1歳を迎えるまでに1回配布)

母子健康手帳の別冊にとじ込んである申込書で申し込んでください。

申請書を紛失された場合、一般廃棄物処理手数料減免申請書でもお申込みいただけます。

家庭ごみ指定袋の配布に関するお問い合わせ先

環境局廃棄物管理課(電話022-214-8226)

 

新旧指定袋の交換

 有料化実施前の旧指定袋について、以下の内容で、新しい指定袋との交換を実施しています。なお旧指定袋については未開封の
もの,開封済みのもの,どちらでも交換の対象となります。

交換場所

次の各施設で交換しています

交換場所

(1)環境局

  総務課

  廃棄物管理課

青葉区一番町4丁目7-17 小田急仙台ビル10階(三越デパート南側)

電話:022-214-8214

電話:022-214-8226

(2)青葉環境事業所

 

青葉区郷六字葛岡57-3

電話:022-277-5300

(3)宮城野環境事業所

 

宮城野区仙石1-1

電話:022-236-5300

(4)若林環境事業所

 

若林区今泉字上新田103

電話:022-289-2051

(5)太白環境事業所

 

太白区郡山字上野4-1

電話:022-248-5300

(6)泉環境事業所

 

泉区松森字阿比古33

電話:022-773-5300 

受付時間

平日の午前8時30分~午後5時

交換比率

旧指定袋10枚につき,新しい家庭ごみ用指定袋(大・45リットル)1枚
※ レジ袋は交換できません。
※ 交換対象となる旧指定袋の種類や大きさは問いません。例えば,旧指定袋の家庭ごみ用(大)5枚と旧指定袋プラスチック製容器包装用(小)5枚をお持ちいただいた場合,新しい家庭ごみ用指定袋(大)1枚を配布いたします。
上限枚数 旧指定袋300枚まで
 

 

このページのトップへ戻る