現在位置
トップページ>
住みよい街に>
住まい>
分譲マンション>
杜の都 防災力向上マンション認定制度-震災に強いまちを目指して-

住みよい街に

杜の都 防災力向上マンション認定制度-震災に強いまちを目指して-

-お知らせ 仙台市独自の認定制度-

  • 事前協議・申請受付場所  住宅政策課  市役所(本庁舎7階) <ご来庁の際は、あらかじめお電話等でご連絡下さい。>
  • 認定基準が改正され申請がしやすくなりました。
    ※概要については下記の認定基準改正チラシより確認できます。

マンションにおける防災活動のさらなる充実や建物性能の向上を図ることを目的に、マンションの防災力を仙台市が認定します。
評価は「防災性能」または「防災活動」の項目で行い、取り組みの内容や活動段階などにより、それぞれ星の数(最大3つ星)で認定します。「防災性能」と「防災活動」のすべての項目に取り組んだ場合は、最大6つ星となります。
認定されたマンションは、市のホームページに掲載します。

認定マーク
認定マンション一覧
防災力向上マンションとして認定された建物(平成27年5月31まで)

 認定マーク 
認定マンション一覧
防災力向上マンションとして認定された建物(平成27年6月1日から)

制度の概要(下記のチラシ、要綱等は申請手続き要綱等についてからご覧ください。)

  • 要綱・要領・様式・制度の流れ(手続き)
  • チラシ 杜の都防災力向上マンション認定制度
  • パンフレット 杜の都防災力向上マンション認定制度
  • チラシ 認定基準改正について

◆一般社団法人 住宅性能評価・表示協会のホームページ(別ウインドウで開きます)

マニュアル作成の手引き表紙

分譲マンション防災マニュアル作成の手引き【PDF:18,211KB】【リンク】

 

認定制度とは

<制度の目的と特徴>
東日本大震災では、マンションについては、玄関ドアが開かなくなったり、ライフラインが止まったことで水や食料の調達・運搬に苦慮したりといった、高層建物に特有の課題も顕在化しました。
一方、居住者同士の支え合いによって、非常時の不便な生活を乗り切った事例もあり、マンション管理組合などによる自主的な防災活動の取り組み強化が求められます。
そこで、仙台市では、各マンションの防災力を市が独自に評価し、認定する「杜の都 防災力向上マンション認定制度」を創設することとしました。
この制度では、「防災性能」と「防災活動」というハード・ソフトの両面から防災力を評価し、最大6つの星の数で認定します。
特に、防災活動については、マンション管理組合などによる防災活動のルールをまとめた「防災マニュアル」づくりが大きな効果を発揮すると考えており、この部分を重点的に支援し、評価します。
「分譲マンション防災マニュアル作成の手引」は、そのために作成したものです。イラストや写真を用いて、作成手順に沿った分かりやすい構成となるよう努めたほか、最大の特徴は、震災の体験に基づいた成功・失敗事例、例えば安否確認や避難誘導などマンション特有の課題を盛り込んでいるところです。

今後は、この手引書を基に、マンション関係団体等とも連携し、防災マニュアル作成体験会を開催するなど、より多くのマンションが積極的にこの認定制度に取り組んでいだだけるよう、進めてまいります。

<制度の概要>
 (1)マンション防災力を6段階の星(☆☆☆☆☆☆)で認定
「防災性能」または「防災活動」の項目で評価し、マンション防災力を認定します。取り組みの内容や活動段階などにより、それぞれ星の数(最大3つ星)で認定し、「防災性能」と「防災活動」のすべての項目に取り組んだ場合は、最大6つ星となります。
(2)マンション管理組合(自治会)の防災活動を評価
防災マニュアルの作成や防災訓練、防災備蓄などの日常の防災活動に取り組むマンション管理組合(自治会)の活動を評価します。
(3)既存マンションも対応
「防災性能」と「防災活動」を個別に認定することで、既存マンションにおける防災の取組みを促します。
(4)地域との連携強化を促す
「地域の避難所運営委員会事前協議等への参加」や「地域の防災訓練への参加」の評価基準を設け、地域住民とのコミュニティ形成や地域避難所との連携などを促します。
(5)市のホームページへの掲載
認定したマンションは、市のホームページに掲載し、防災意識の向上を図ります。

 

認定を申請される方へ

申請前の事前協議が必要ですので、ご相談ください。

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてください。

Word形式ファイルをご覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。
Microsoft Wordをお持ちでない方は、Word Viewerをダウンロードしてください。

このページのトップへ戻る