更新日:2018年9月28日

ここから本文です。

仙台港周辺での環境調査

 仙台港周辺における火力発電所の立地を踏まえ、次の1.から3.の環境調査を行っています。

1.仙台港周辺の大気測定局での観測

市内の大気汚染測定局では、大気環境を常に監視するため、年間を通じ24時間連続して大気汚染物質の測定を行っています。平成30年7月から蒲生雨水ポンプ場でもPM2.5の常時監視を開始しました。

2.蒲生干潟近辺での大気調査

硫黄酸化物など大気汚染物質6種類と、水銀などの有害大気汚染物質21種類を「蒲生雨水ポンプ場」で測定します。

3.仙台港内と蒲生干潟近傍での海域調査

海域での水質調査のうち、水銀等の有害物質についてこれまでの仙台港周辺の2地点に加え、港内と蒲生干潟への影響が把握できる2地点を追加して測定します。


お問い合わせ

環境局環境対策課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-8222

ファクス:022-214-0580