現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > まちづくり > リノベーションまちづくり(ストック活用型都市再生推進)

更新日:2017年11月24日

ここから本文です。

リノベーションまちづくり(ストック活用型都市再生推進)

お知らせ

今年度の取組み

 平成28年度に設立された「せんだいリノベーションまちづくり実行委員会」と仙台市が連携し、まちづくりを担う新たな人材の発掘・育成や、リノベーションまちづくりに関する啓発活動を実施するとともに、民間の遊休不動産や公園や道路などの公共空間の利活用を推進していきます。

リノベーションまちづくりとは

 都市再生のための事業手法の一つとして、公民が連携し、市内中心部の一定エリアの既存ストック(空き店舗や空きビルなどの低未利用不動産)の連鎖的なリノベーションを促進するとともに、道路や公園などの公共空間の利活用を推進することで、エリア全体の価値を高め、新たな賑わいの創出と、魅力ある都市空間の構築を目的とするまちづくりの取組みです。

仙台市新実施計画での位置づけ

 仙台市新実施計画(平成28年度3月策定)における政策重点化の考え方・方針である「政策重点化方針2020」にて設定した「8つの戦略プロジェクト」の具体的な取組みのひとつとして、「既存ストックの活用や再生」を掲げています。

これまでの取組み

お問い合わせ

都市整備局市街地整備調整課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8311

ファクス:022-261-6375