現在位置 ホーム > 青葉区トップページ > 食品・生活衛生 > 食品衛生 > ノロウイルスにご注意ください!

青葉区

更新日:2016年11月18日

ここから本文です。

ノロウイルスにご注意ください!

12~2月は、毎年ノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団発生が多発します。

ノロウイルスによる食中毒は、汚染された二枚貝などを加熱不十分なまま食べることによって起こるほか、人の手指などを介してさまざまな食品が汚染され、食中毒になる例も見受けられます。

また、ノロウイルスは大変感染力が強いため、感染者の便や嘔吐(おうと)物に含まれるウイルスが微粒子となって空気中に舞い上がり、口から消化管に入ることで人へ感染します。特に家族や周囲の人が感染したときは、便や嘔吐物の処理時に感染することもありますので、注意が必要です。

感染すると腹痛や激しい下痢、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。症状が回復した後も、長期間(2週間~1ヶ月程度)にわたって便からウイルスの排出が続きますので、周囲に感染を広げないように注意しなければなりません。

感染を防止するために

  1. 二枚貝は85℃~90℃で90秒以上加熱して食べましょう
  2. 調理器具や食器は、市販の塩素系漂白剤(使用方法を守って薄めてください)で消毒するか、85℃~90℃の熱湯で90秒以上加熱しましょう
    ※ノロウイルスに対して消毒用アルコールは効果が少ないとされています
  3. トイレの後や食事の前には薬用せっけんで手を十分に洗いましょう

食品営業関係従事者の方へ

上記の予防策のほか、次のことが必要です。

  • 体調不良時は調理作業に従事しない
  • 感染が判明したときは、症状が回復した後も便検査でノロウイルス陰性であることを確認してから調理作業に復帰する

また、普段の食生活や家族の健康状態にも注意して感染を予防しましょう。

関連リンク

お問い合わせ

青葉区役所衛生課

仙台市青葉区上杉1-5-1 青葉区役所6階

電話番号:022-225-7211

ファクス:022-227-7829