現在位置 ホーム > 青葉区トップページ > 食品・生活衛生 > 食品衛生 > かきをおいしく食べるために

青葉区

更新日:2016年11月18日

ここから本文です。

かきをおいしく食べるために

かきなどの二枚貝はノロウイルスに汚染されることが多いと言われており、特に冬場はノロウイルスの検出が増加します。かきによる食中毒を防止するために、生食用かきについては成分規格などが定められ、海域ごとに管理されています。次のことを守って、かきをおいしく食べましょう。

表示をしっかり確認しましょう

生食用かきには、法的に定められた表示があります。かきを購入する際は「生食用」かどうかを確認し、「消費期限」や「保存方法」等を守って食べましょう。

十分に加熱しましょう

かきを中心温度85℃~90℃で90秒以上加熱すれば、ノロウイルスは感染力を失います。中心部までしっかりと火を通して調理をしましょう。「加熱用」のかきは、絶対に生で食べないでください。

調理に使用した調理器具は必ず洗浄・消毒を行いましょう

ノロウイルスは感染力が強く、少量で感染して発症率が高いと言われています。ノロウイルスで汚染された調理器具をそのまま使うと、他の食品への汚染が広がってしまいます。

アルコール消毒液は、ノロウイルスに対してはあまり効果がありません。熱湯や塩素系消毒液で十分に消毒してください。手洗いも忘れずに行いましょう!

関連リンク

お問い合わせ

青葉区役所衛生課

仙台市青葉区上杉1-5-1 青葉区役所6階

電話番号:022-225-7211

ファクス:022-227-7829