更新日:2021年11月8日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症等の研究協力

概要

仙台市下水道では、東北大学等による感染症の研究(新型コロナウイルス感染症、ノロウイルス等による感染性胃腸炎)に協力しております。ここでは、取り組みの紹介や、皆様の感染症予防等に活用いただける情報をお知らせいたします。

東北大学、仙台市等が共同で行う下水中ウイルス検出結果から算出した新型コロナウイルス感染陽性者数予測値の公開検証実験が開始されました

仙台市下水道が下水処理場等での採水によるサンプルの提供の協力を行っている研究について、新型コロナウイルス感染陽性者数の週間予測に関するメール配信について共同発表をしました。

詳しくは下の添付ファイルをご覧ください。

下水調査で新型コロナウイルス感染陽性者数を予測(PDF:1,022KB)

検体採取

 

ノロウイルス等による感染性胃腸炎

 東北大学では、下水中のノロウイルス濃度を継続的に測定し、増加が認められたら、「下水中ノロウイルス濃度情報(外部サイトへリンク)」として発信するシステムを考案しております。是非、このシステムにご登録いただき、下水中ノロウイルス濃度情報を予防に役立てください。

 

 


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

建設局下水道調整課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎5階

電話番号:022-214-8814

ファクス:022-214-8273