現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 男女共同参画 > 取り組み > 多様な性のあり方(性的マイノリティ、LGBT)について

更新日:2020年8月26日

ここから本文です。

多様な性のあり方(性的マイノリティ、LGBT)について

いわゆる性的マイノリティ(LGBT等)の方は、幼少期から自身の性のあり方や他人との違いに違和感を感じ始めると言われています。また、周囲の理解不足や偏見等により、社会の中で様々な不安や困難、生きづらさを抱えていると言われています。

仙台市では、平成28年3月に策定した「男女共同参画せんだいプラン2016」における主な取り組みの一つとして、「多様な性のあり方についての理解の促進」を掲げており、啓発や情報発信などに取り組んでいます。

多様な性のあり方とは

人は出生時に身体的特徴などから男女を判別し、性別が決められます。
しかし、性のあり方は出生時に決められた男女の性別よりさらに多様で複雑です。たとえば下表の4つの要素から「性」について考えてみましょう。

4つの性について
  性の種類 説明
1 生物学的性 身体的特徴(外性器や染色体等)に基づき、出生時に割り当てられる性。
男性型、女性型だけでなく、見た目などが典型的でなく区別がつきにくい場合もある。
2 性自認 自分が認識する性。
男性、女性のどちらかだけでなく、どちらでもある、どちらでもない、わからないと感じる人や、揺れ動く人もいる。
3 性的指向

恋愛・性愛の対象とする相手の(自認する)性。

性自認に対して、異性、同性、両性、どちらでもない、関係ない、などがある。

4 性表現 服装やしぐさ、口調などにより、外部に表現したい性。

これら4つの性の組み合わせに「決まり」はありません。
4つはそれぞれ独立した要素で、これらの性の組み合わせの多様性を指し、「多様な性のあり方」と言います。

また、「生物学的性と性自認が同じで、性的指向が異性に向いている」という、いわゆる「典型的」な組み合わせと異なる人たちのことを、性的マイノリティ(性的少数者)と呼ぶことがあります。

LGBTとは

Lesbian(レズビアン=女性同性愛者)、Gay(ゲイ=男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル=両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー=生物学的性と性自認の同一性に違和感を感じる人)の頭文字をとった言葉で、性的マイノリティの総称として多く使用されています。

しかし、それ以外にもX-gender(エックスジェンダー=性自認が男性・女性のどちらでもある、どちらでもない、場合によって変わるとしている人)、Asexual(アセクシュアル=性的指向が他人に向いていない人)、Pansexual(パンセクシュアル=相手の性のあり方を条件としない)、Questioning(クエスチョニング=性自認や性的指向を決めていない、わからない、模索している人)など、性のあり方はLGBTの4つだけでは表しきれない多様なものとなります。

また、いわゆる典型的とされる性のあり方についてはCisgender(シスジェンダー=生物学的性と性自認が一致する人)、Heterosexual(ヘテロセクシュアル=異性愛者)と呼ばれています。

SOGIとは

SOGIとは、性的指向(Sexual-Orientation)と性自認(Gender-Identity)の頭文字を組み合わせた用語です。
SOGI(性的指向・性自認)はすべての人が持っている要素であり、すべての人の多様な性のあり方が保障されるべきという考えに基づいた言葉です。

リーフレット「多様な性のあり方を知る」

多様な性のあり方を「知る」きっかけとしていただけるよう、令和2年1月に本市でリーフレットを作成しました。
下記リンクからご覧いただけるほか、市役所本庁舎1階市民のへや、各区役所・総合支所にも配置しています。

リーフレット「多様な性のあり方を知る」(PDF:712KB)


すべての人が多様な性のあり方の中で生きています。他人ごとにせず、誰もがありのままの自分らしく暮らすことができる社会の実現に向けて考えていきましょう。

 

コミュニティスペース「にじのひろば」

自身のセクシュアリティに関わらず、安心して過ごせるコミュニティスペースを開設します。多様な性のあり方に関する書物に触れるもよし、参加者同士で語り合うもよし・・

ご自身のセクシュアリティについて揺らぎや迷いを感じている方も歓迎です。
また、ご家族や支援者の方、多様な性について理解したい方もご参加いただけます。
事前の申し込みは不要です。ぜひご参加ください!

開催日時

  • 開催日
    令和2年:8月29日、9月19日、10月24日、11月28日、12月26日
    令和3年:1月23日、2月27日、3月27日
    ※いずれも土曜日となります
  • 開催時間(全開催日共通)
    13時30分~17時30分(入退室自由)

開催場所

仙台市男女共同参画推進センター エル・パーク仙台5階 創作アトリエ
(仙台市青葉区一番町4丁目11番1号 141ビル(仙台三越定禅寺通り館)5階)

内容

  • それぞれ自由にお過ごしいただけます。時間内には多様な性のあり方に関するミニレクチャーや座談会なども開催予定です(参加は任意です)。
  • 自身が呼ばれたい名前でご参加いただけます。
  • 多様な性のあり方に理解のあるスタッフが常駐しています。お悩みなどのご相談にも応じます。
  • ご自身のセクシュアリティは、ほかの参加者に公表しなくても大丈夫です。公表を強制する行為については禁止します。
  • なお、参加したことによって知った、セクシュアリティなどあらゆる個人情報については、秘密を厳守するルールとします。
  • よりよい運営のため、アンケートをお願いしています(無記名・任意)。

その他

新型コロナウイルス感染症流行の影響により、参加される際には以下についてご理解、ご協力をいただきますようお願いいたします。

(1)手指消毒、マスク着用、咳エチケットの励行
(2)会場内におけるソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保
(3)参加者名簿への「呼ばれたい名前」と「ご連絡先(電話番号、メールアドレスなど)」の記入

※参加者の新型コロナウイルス感染や感染者との濃厚接触が発覚した場合に、保健所等公的機関に提供することがあります。

(4)以下に該当する場合には、申し訳ございませんが参加をご遠慮いただきます。

  • 発熱やのどの痛み、咳が長引く(1週間前後)、息苦しさ、強いだるさ、味覚・嗅覚の異常等の症状がある方
  • 参加日から2週間以内に海外(感染流行国)または国内の感染流行地域(クラスター発生場所等)へ旅行や出張された方

また、今後の感染拡大の状況により、開催を中止とさせていただく可能性があります。このページにてお知らせしますので、参加を予定されている場合は、お手数ですが定期的にご確認願います。

 

※本事業は、一般社団法人ブレスみやぎに委託して実施します。

 

にじいろ協働事業(平成30年度~令和元年度 ※終了しました)

多様な性のあり方への理解を深め、性的マイノリティ当事者にとっても暮らしやすい仙台をめざして、市民団体である「東北HIVコミュニケーションズ」と協働で下記の4つの取り組みを実施しました。

※この事業は、仙台市市民協働事業提案制度を活用した取り組みです。

 

市民向けイベント「せんだいレインボーDay」(終了しました)

市民の皆さんが多様な性のあり方について理解し、多様な性が身近なものであると感じ、共に暮らしていることを知っていただくためのイベントを開催しました。延べ880名の方にご来場いただき、盛況のうちに終了いたしました。

開催日

  • 令和元年7月13日(土曜日)・14日(日曜日)

開催場所

エル・パーク仙台 ギャラリーホール・スタジオホール

 

広報誌「にじのたね」

多様な性のあり方に関する解説や性的マイノリティ当事者の声、イベント情報、相談機関などを掲載した広報誌を発行しました。下記リンクからもダウンロードできます。

 

コミュニティスペース「にじのひろば」

仙台市男女共同参画推進センター「エル・パーク仙台」で、性的マイノリティの方を含む様々な来場者とコミュニケーションをとりながら、情報の紹介や、必要に応じてのサポート提供を行いました。

 

にじいろスピーカー派遣

本市職員等を対象とした理解促進研修に、性的マイノリティの方等をスピーカー(講師)として派遣しました。

 

多様な性のあり方や性的マイノリティに関する相談窓口

みやぎ男女共同参画相談室「LGBT(性的マイノリティ)相談」

よりそいホットライン(一般社団法人社会的包摂サポートセンター)

東北HIVコミュニケーションズ(エイズ電話相談)

  • 電話番号 022-766-8699
  • 相談日時 第2・第4土曜日 18時から21時まで
  • 電話相談に相談員が対応します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

市民局男女共同参画課

仙台市青葉区二日町1-23 二日町第四仮庁舎2階

電話番号:022-214-6143

ファクス:022-214-6140