現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 国民健康保険・国民年金 > 国民年金 > 一家の働き手に先立たれたとき 遺族基礎年金

更新日:2017年5月23日

ここから本文です。

一家の働き手に先立たれたとき 遺族基礎年金

受給の条件

死亡した人が次のいずれかに該当すれば受給できます。

受給条件の一覧表

(1)

(2)

(3)

(4)

国民年金の被保険者※

国民年金の被保険者だった人で、日本国内に住所がある60歳以上65歳未満の人※

老齢基礎年金の受給権がある人

老齢基礎年金の受給資格期間(25年)を満たしている人

(1)または(2)に該当する人が死亡した場合、死亡日の属する月の前々月までに加入期間の3分の2以上保険料を納めていること(免除期間、学生納付特例期間、若年者納付猶予期間を含む)。また、平成38年3月31日までに亡くなった場合には特例として、死亡日の属する月の前々月までの1年間に保険料の滞納がなければ受けられます。

受給できる人

死亡した人によって生計を維持されていた次の人

  • 満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間の子(障害者は20歳未満)のいる夫または妻
  • 満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間の子(障害者は20歳未満)
    ただし、夫または妻が遺族基礎年金を受給している間は、子は支給停止

年金額(平成29年度)

年金額の一覧表

子のいる夫または子のいる妻が受けるとき

1,003,600円(月額83,633円)

子が受けるとき

779,300円(月額64,941円)

子の加算額

満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子(障害者は20歳未満)の人数によって加算されます。遺族基礎年金は、子のあることが条件になっているので、2人目以降の子に加算されます。

子の加算額の一覧表

子の数

加算額

2人目

224,300円(年額)

3人目以降(1人につき)

74,800円(年額)

遺族基礎年金の請求先

第1号被保険者が死亡した場合⇒お住まいの区の保険年金課国民年金係

なお、第3号被保険者が死亡した場合や、厚生年金加入者が死亡した場合は、年金事務所でご相談ください。

手続きに必要なもの

  • (1)亡くなった方および請求者の年金手帳(または基礎年金番号通知書)
  • (2)戸籍謄本(亡くなった方と請求者の関係がわかるもの)
  • (3)死亡診断書の写し
  • (4)亡くなった方の住民票除票
  • (5)世帯全員の住民票
  • (6)請求者の所得証明書
  • (7)請求者の認め印
  • (8)請求者の預貯金通帳

(この他にも必要となる場合がありますので、窓口でご相談ください)

問い合わせ「各区役所保険年金課」

お問い合わせ

健康福祉局保険年金課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8172

ファクス:022-214-8195