現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 経済・産業 > 外国人観光客誘致 > 仙台市インバウンド施策重点市場(国)のご紹介

更新日:2017年5月11日

ここから本文です。

仙台市インバウンド施策重点市場(国)のご紹介

仙台市のインバウンド推進における重点市場(国)であるタイ王国と台湾についてご紹介いたします。

タイ王国

基本情報

首都:バンコク

面積:約514,000平方キロメートル(日本の約1.4倍)

人口:約6,593万人(2010年)

民族:タイ族(大多数)、華人、マレー族等

言語:タイ語

宗教:仏教、イスラム教等

タイ

写真提供:タイ国政府観光庁

 

観光情報

カンボジア、ラオス、ミャンマー、マレーシアと国境を接し、またアンダマン海・タイ湾というふたつの海を擁するタイ。長い歴史のなか、近隣諸国との交流を経てタイ独特の文化や習慣が育まれてきました。寺院や遺跡めぐりをはじめ、ショッピング、マッサージ・スパ、ゴルフ、マラソンなどさまざまなアクティビティを楽しむことができる観光ディスティネーションです。

タイ国政府観光庁 http://www.thailandtravel.or.jp/

 

プーケット

写真提供:タイ国政府観光庁

 

タイの食文化

世界三大スープの一つに数えられるトムヤムクン、豚や鶏など具やスパイスの種類も豊富なカレー、あっさり味からこってり味まで楽しめる麺類など、タイの料理にはたくさんの種類があります。市場に並ぶ新鮮な食材を"美味しく食べる"ことこそタイ料理の真髄。"辛い"と思われがちなタイ料理ですが、その味の中には"酸味"や"甘み"などが加わり、独特の美味しさを作り出しています。タイは食の宝庫、胃袋でタイの醍醐味を楽しむことができます。

タイ料理について(タイ国政府観光庁) http://www.thailandtravel.or.jp/about/thaicuisine/

 

タイ料理

写真提供:タイ国政府観光庁

 

バンコク

華やかな大都会の賑わいと、厳かな仏教文化が息づき、古今の歴史と文化が見事に調和した都市、バンコク。1782年、ラーマ1世によってこの地へ遷都されて以来、タイの政治・経済・教育・文化の中心であり続け、近年ではさらに「東南アジアのハブ」と称される先進的な国際都市へと成長を遂げました。しかしバンコクの魅力は、そのようななかにあっても、そこかしこに人々の暮らしの息づかいを感じられるところにあります。モダンな高層ビル群や巨大なショッピングモールの足元には、屋台での買い物や食事を楽しみ、道すがらの小さな祠に手を合わせる人々の姿が見られます。もちろん美しく荘厳な王宮や仏教寺院の数々が密集する旧市街のラッタナコーシン島でも、ひとたび路地へ足を踏み入れれば、昔ながらの静かで素朴な庶民の生活が広がっています。

 

バンコク

写真提供:タイ国政府観光庁

 

チェンマイ

バンコクの北方約720キロに位置するタイ第2の都市チェンマイは、「北方のバラ」とも称される美しい古都。1296年にランナー王朝初代メンラーイ王により新しい首都としてピン川のほとりに建設され、タイ北部の言葉で「新しい街」と名づけられました。以来、この地域の中心として、モン族やタイヤイ族、ビルマ族などさまざまな民族が交流するなか、建築や仏像の様式、言葉や料理、工芸の分野などで「ランナー文化」と称されるタイ北部独自の文化・伝統が育まれてきました。現在でも工芸が盛んな街として知られ、近年はその伝統をベースにタイ芸術の拠点ともなっています。また、周辺はタイ最高峰ドイ・インタノンをはじめとした峰々が重なる緑豊かな山岳地帯となっており、乾季(11月〜1月)は平均気温が約25℃と平野部より過ごしやすいことから、避暑地としても人気があります。

 

チェンマイ

写真提供:タイ国政府観光庁

 

台湾

基本情報

首都:台北

面積:約36,000平方キロメートル

人口:約2,300万人(2016年10月1日現在)

民族:漢人、原住民

言語:マンダリン、台湾語、客家語、各原住民の言語

宗教:仏教、道教、キリスト教、カトリック教、イスラム教

台北

写真・記事提供:台湾観光局/台湾観光協会

観光情報

台湾は南北に細長い島で、面積は約3.6万平方km(14,400平方マイル)、アジア大陸の南東、太平洋西側の東アジア諸島の間にあります。北は日本の沖縄諸島、南はフィリピン諸島に隣接しています。アジア各地の航空交通の要所であり、アクセスに大変便利です。

台湾は国土面積が小さいながらも、豊かな自然と文化に恵まれています。その自然は、プレートの絶え間ない移動によって変化に富んだ複雑な地形からもたらされたもので、高山、丘陵、平原、盆地、離島、峡谷、海岸などさまざまな景色が楽しめます。

台湾観光局 http://jp.taiwan.net.tw/

日月潭

写真・記事提供:台湾観光局/台湾観光協会

定期便・チャーター便情報(2016年12月6日現在)

現在、仙台国際空港から台北桃園空港まで航空キャリア2社、一週間あたり8本の直行便が就航しています。(詳細は各社リンク先をご参照ください。)

 

エバー航空(週4便 水・木・土・日)

仙台空港(16時15分発)→台北桃園空港(19時30分着)

台北桃園空港(10時15分発)→仙台空港(14時25分着)

https://www.evaair.com/ja-jp/index.html

タイガーエア(週4便 火・水・金・土)

仙台空港(19時40分発)→台北桃園空港(23時10分着)

台北桃園空港(14時20分発)→仙台空港着(18時40分着)

http://www.tigerair.com/jp/ja/

台湾の食文化

「人民は食に頼って生きている。ゆえに、食を最も大切なものとする」がモットーの台湾では、三歩歩けば軽食屋、五歩歩けばレストランがあると言えるほどです。北部の代表的な味である、北京ダック、燻製チキン、羊肉のしゃぶしゃぶ、魚の薄切りあんかけ、チンジャオロース、干貝柱と大根の団子などから、南の代表的な味である樟茶鴨、塩蒸煮鳥、中華ハムの蜂蜜蒸し煮、ピーナッツと海老の強火炒め、ナスの煮込み、麻婆豆腐等まで、どんな料理にでも出会えると言えるでしょう。

食

写真・記事提供:台湾観光局/台湾観光協会

台南市

台南市は台北から台湾高速鉄道で約1時間45分、台湾海峡に面する台湾南西部の都市です。亜熱帯気候に属し多様な自然環境に恵まれていることから、レジャー設備を整えた観光都市として発展しています。また、台湾で最も長い歴史を持ち、多くの史跡を残す台湾の古都として有名です。2010年(平成22年)12月25日に台南県と合併し、人口188万人の直轄市に昇格しました。また、台南市は本市と「観光、経済、産業、福祉、文化及びスポーツ分野の交流促進協定」を締結しているなじみの深い都市でもあります。

仙台市と台南市の交流 https://www.city.sendai.jp/koryu/shise/gaiyo/profile/koryu/kokusai/index.html#tainan

台南市政府觀光旅遊局 http://www.twtainan.net/ja-jp

台南

お問い合わせ

文化観光局誘客戦略推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-8019

ファクス:022-214-8316