現在位置ホーム > 市政情報 > 情報公開・情報化・情報セキュリティ > 情報公開 > 仙台市オープンデータポータル

更新日:2017年2月23日

ここから本文です。

仙台市オープンデータポータル

オープンデータとは

オープンデータとは、公共データを、誰もが自由に二次利用できる形で公開する取り組みです。
オープンデータを推進することにより、「透明性・信頼性の向上」「市民協働の推進」「経済の活性化」などが期待されています。

オープンデータの推進について

仙台市は、平成27年11月30日に「仙台市オープンデータ推進に関する方針」を策定しました。
本方針に基づき、各種公共データのオープンデータ化を進めていくとともに、利活用推進に向けた取り組みを行っていきます。

ライセンス等について

本市が公開するオープンデータについては、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスによる著作権表示を行っています。ライセンスについては、予告なしに変更することがありますので、データを利用する場合には、必ず最新の内容を確認してください。
なお、オープンデータとして提供しているデータを利用したために被った損害、損失について、本市はいかなる責任も負いません。また、その内容の正確性、網羅性、特定の目的への適合性等について、いかなる保証を行うものでもありません。

オープンデータのダウンロード

仙台市オープンデータカタログ

現在公開中のオープンデータは、以下のサイトから検索・ダウンロードが可能です。

オープンデータカタログの使用方法は「オープンデータカタログの使い方」をご覧ください。

その他のオープンデータ

仙台市政だより

「市政だより」のページで、市政だよりをオープンデータとして公開中です。
ただし、写真とイラストはオープンデータの対象範囲外です。

「統計情報せんだい」に掲載されているデータ

「統計情報せんだい」で公開しているデータは、ルールの範囲内で、どなたでも自由にご利用いただけます。
詳細は、「統計情報せんだい」のページに掲載している「統計情報せんだい利用規約」をご確認ください。

オープンデータの利活用事例

利活用事例の詳細

項番

サービス名称等

制作者

説明

1

xmaps+(クロスマップスプラス)(外部サイトへリンク)

インクレイブ株式会社 様

オープンデータや統計データの位置情報を地図上で可視化するサービス。デモサイトに仙台市のオープンデータが活用されています。

2 避難所はどこだ?仙台市の避難所案内(外部サイトへリンク) 一般社団法人メディアデザイン 様 GPSなどの測位情報を元に現在地を調べ、近くの仙台市指定の避難施設や場所を表示し、道案内するサービス。
3 LalaCatch(ララキャッチ)(外部サイトへリンク)

Asterworld 亀田大 様

各種情報をリストとマップから検索することができ、レビュー投稿やメッセージ交換、会員の募集等が行えるサービス。

オープンデータの利活用事例をお知らせください

本市のオープンデータを活用したサービス、アプリ、分析結果などがありましたら、ぜひお知らせください。内容を検討の上、本ページでご紹介させていただきます。

また、オープンデータ化して欲しいデータの要望等も募集しております。

まちづくり政策局情報政策部情報政策課に電話や電子メールでご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

まちづくり政策局情報政策課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎9階

電話番号:022-214-1250

ファクス:022-214-8136