更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

仙台・南蒲生 藻類バイオマス技術開発実験室の開所式を行いました

平成25年4月24日に仙台市南蒲生浄化センター内で藻類バイオマスの研究・開発の拠点となる仙台・南蒲生藻類バイオマス技術開発実験室の開所式を行いました。

開所式には、平成23年11月に共同研究協定を締結しました筑波大学の吉川晃副学長、東北大学の原信義理事、仙台市の奥山恵美子市長などの多くの関係者が出席しました。

今後、この実験室では優れた油分の生産能力を有するオーランチオキトリウム等の藻類バイオマスの実証実験を進め、下水処理とエネルギー生産を融合した新しい循環型システムの実現を目指すことになります。

写真/市長挨拶

写真/除幕

写真/展示視察

<仙台・南蒲生藻類バイオマス技術開発実験室の概要>

  • (1)所在地
    仙台市宮城野区蒲生字八郎兵工谷地第二(南蒲生浄化センター内)
  • (2)施設名称
    仙台・南蒲生藻類バイオマス技術開発実験室
  • (3)延べ床面積
    約80平方メートル

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市推進室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8098

ファクス:022-214-8497