現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 建築・都市開発・災害対策 > 防災・防火 > 事業者の皆様へ > ビルのオーナーさんへ:ビルの新築時に「消防用の水槽」を!

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

ビルのオーナーさんへ:ビルの新築時に「消防用の水槽」を!




消防水利は何故必要なのでしょうか?

大規模な地震が発生した場合、消火栓は破損などにより使用できなくなる恐れもあります。このため、消火栓以外にも消火活動に有効な防火水槽、河川、池等、多様な消防用の水利の確保が必要となっております。

消防水利施設整備補助金交付制度とはどのようなことですか?

市内で指定している地域に建築物を建設されようとしている方で、建築物の基礎ばりを利用し、消防用の水槽(40t以上)を設置される方に対し、補助金を交付する制度です。

地下の空間を利用させて下さい

地下室のない建物を建てた場合、建物地下部分の基礎ばり(地中ばり)の間は、土で埋め戻して、デッドスペース(使われない空間)となっています。ここに、底(底版)をつけ内部に防水を施し、蓋を付ければ水槽になります。


どのように手続きを進めたらよいのでしょうか?

事前相談

 消防署で建築の事前相談時に、消防側として必要な水槽について補助金交付制度の説明をします。

事前打合せ

 図面等で補助金の交付対象に適合するかどうかについて打合せします。

建築確認

 確認後、必要により最終打合せをします。

補助申請

 関係書類を添えて補助金交付申請書を提出して下さい。

工事着手
検査

 配筋検査・中間検査・完成検査の各検査を受けて下さい。

完了
実績報告

 実績報告書を提出して下さい。

請求

 請求書を提出して下さい。

入金水利指定 消防用の水槽として承諾して下さい。

 

この制度は、「仙台市消防水利施設整備補助金交付要綱」に基づくものです。

お問い合わせ

消防局警防課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-4280