現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 障害のある方 > 障害理解促進・啓発 > ヘルプマークの配布を開始します

更新日:2018年11月6日

ここから本文です。

ヘルプマークの配布を開始します

ヘルプマークとは

ヘルプマークの画像義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、平成24年に東京都が作成したマークです。平成29年7月にはJIS規格に追加され全国共通のマークとなりました。

ヘルプマークを身につけた方を見かけたら

  • 電車・バスの中で席をお譲りください。
    外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。また、外見からは分からないため、優先席に座っていると周囲の視線が気になり、ストレスを感じることがあります。
  • 駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします。
    交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。
  • 災害時は、安全に避難するための支援をお願いします。
    障害などにより、状況把握が難しい方、肢体不自由者等の自力での迅速な避難が困難な方がいます。

対象者

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、精神、知的、発達障害の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方

配布開始日

平成30年12月3日(月曜日)

配布窓口

各区障害高齢課、各区総合支所保健福祉課、障害者総合支援センター(ウェルポートせんだい)、精神保健福祉総合センター(はあとぽーと仙台)、北部発達相談支援センター(北部アーチル)、南部発達相談支援センター(南部アーチル)

配布方法

ご利用される方からの申し出により、窓口でお渡しさせていただきます。

  • 障害種別・等級、病名などにかかわらず、配慮を必要としている方は、どなたでもご利用いただけます。
  • 申請書類などの提出は不要です。
  • 原則として、窓口での配布とさせていただきます。
  • 無料で配布します。

ヘルプカードも一緒にご利用いただけます

ご存知ですか?「ヘルプカード」

 

お問い合わせ

健康福祉局障害企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8163

ファクス:022-223-3573