現在位置ホーム > くらしの情報 > 健康と福祉 > 障害のある方 > 支援・相談 > 取り組み > 災害時要援護者情報登録制度

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

災害時要援護者情報登録制度

内容

災害が発生したときに、地域団体等(町内会・自治体や自主防災組織、民生委員児童委員、社会福祉協議会、地域包括支援センター)におけるお住まいの地域での住民相互の助け合いが円滑に進むよう、在宅の障害のある方等本人の情報を事前に登録するものです。

対象

次の(1)から(4)に該当する在宅の方のうち、災害が発生したときやその恐れがあるときに、災害情報の入手が困難な方や、自力や家族の支援だけでは避難することができない方で、地域による支援を希望する方が対象となります。また、地域団体等への情報提供について,同意していただくことが原則となります。

  • (1)障害者手帳をお持ちの方
  • (2)要介護認定を受けている方(要支援も含む)
  • (3)65歳以上の高齢者で、一人暮らしの方や高齢者のみの世帯の方、またはご家族のお勧めなどにより、
    日中(夜間)の長い時間にわたり一人暮らしの状態になる方
  • (4)上記(1)~(3)に準ずる方や、病気等により、地域による支援を必要としている方

お問い合わせ

各区役所 障害高齢課・総合支所 保健福祉課

お問い合わせ

健康福祉局障害企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8163

ファクス:022-223-3573