更新日:2017年1月10日

ここから本文です。

消防のしごと

119番通報から出場までの仕組み火を消す一刻も早く救出命を救う救命講習空からの守り火災に備えて市民とともに築く安全

119番通報から出場までの仕組み

消防情報センターの画像
消防情報センター

通報受理

通報受理時の画像「119番です。火事ですか?救急ですか?」
119番通報を受けると同時にコンピュータ処理が開始されます。消防情報センターの指令台には災害種別入力画面と通報された電話局管内の地図が表示されます。

災害種別決定

災害種別決定時の画像通報内容に基づいて、災害種別(火災、救急、救助など)と災害分類(火災なら建物、車両など)を決定します。

災害地点決定

災害地点決定時の画像町丁目、番地、目標物などを聞き取り、災害地点を決定します。地理に不案内、あるいは気が動転してうまく説明いただけないといった場合、発信地表示システムを活用して、災害発生場所や建物の所在などを検索・表示します。

出場隊編成

出場隊編成時の画像災害種別、災害地点が決定されると、コンピュータは災害地点に近い消防署所から自動的に出場車両(車両種別及び台数)を選定し、隊編成を行います。

出場指令

出場指令時の画像「出場」
消防情報センターから出場隊にコンピュータ出場指令が出力されます。
なお、この指令に先立ち予告指令が流れ、その時から出場準備は始まっています。

ページの先頭へ戻る

火を消す

建築物の高層・深層化、多用途化が進むにつれ、火災の形態も複雑化し、消防活動はますます困難になっています。
今日の火災形態の変化に、的確かつ迅速に対処し、被害を最小限にとどめるため、消防装備や車両の高度化に努めるとともに、さまざまな災害に対処できる知識と技術、強靱な体力と精神を持った消防隊員を育成するための研修・訓練を実施するなど、火災から市民を守るための努力を続けています。

消防隊の放水画像

石油コンビナート火災の画像

石油コンビナート火災

ページの先頭へ戻る

一刻も早く救出

特別機動救助隊、特別消防隊は、人命の救助に関する専門的な教育を受けた隊員からなる専門部隊です。火災、交通事故、水難事故などのさまざまな災害現場において、迅速な救助救出活動に懸命に努めています。
また、海外で大災害が発生した場合には、全国の消防救助隊員で編成される「国際消防救助隊」の一員として派遣され救助活動を行うなど、国際協力にも貢献しています。

交通事故現場での救助救出活動画像

交通事故現場での救助救出活動

国際消防救助隊の活動画像

国際消防救助隊の活動
(平成11年9月台湾地震)

特別消防隊章の画像

特別消防隊章

特別機動救助隊章の画像

特別機動救助隊章

国際消防救助隊員標示章の画像

国際消防救助隊員標示章

ページの先頭へ戻る

命を救う

救急業務は、昭和38年に法制化されて以来、年々その体制が整備され、現在では市民の生命、身体を守る上で必要不可欠な行政サービスとして市民生活に深く定着しています。
また、平成3年以降、救急救命士法の制定や高規格救急自動車の整備により、救急業務の高度化が図られ、救急隊の行える処置範囲は飛躍的に拡大しました。

※現在救急救命士による気管挿管、薬剤投与が認められていますが、救急救命士が気管挿管や薬剤投与を行うためには、医療機関における実習が必要です。救急救命士による気管挿管の病院実習にご協力ください。

救命処置訓練を行う救急隊員の画像

ページの先頭へ戻る

救命講習

救命率の向上を図るためには、救急隊が現場に到着するまでの空白時間帯に、心肺停止状態で倒れた人に対して、現場に居合わせた人が応急手当て(心肺蘇生法)を施すことが重要です。
仙台市では、心肺蘇生法を主とした救命講習会を開催し、応急手当ての普及啓発を推進しています。

外国人を対象とした救命講習会の様子

外国人を対象とした救命講習会

ページの先頭へ戻る

空からの守り

本市では、平成元年の政令指定都市への移行に伴い、都市化の進展や市域の拡大など、広域化に対する災害対応力の強化が必要となり、平成4年度に消防ヘリコプター1号機を導入しました。
平成17年度にはヘリコプターの点検等による空白期間の解消や発生が確実視されている宮城県沖地震への対応など、航空消防体制の更なる強化を図るため、消防ヘリコプター2号機を導入いたしました。
また、平成23年度には老朽化した消防ヘリコプター1号機を更新整備し、消防航空体制の維持に努めています。

機体の概要

消防ヘリコプター1号機(けやき)の画像

1号機:せんだい〔JA119J〕

消防ヘリコプター2号機(けやき)の画像

2号機:けやき〔JA119T〕

項目

数値

型式

ベル式412EP型

全長

17.1メートル

全幅(回転翼直径)

14.0メートル

全高

4.6メートル

最大全備重量

5,398キログラム

空虚重量

3,580キログラム

燃料搭載量

1,250リットル

エンジン形式

プラット・アンド・ホイットニー・カナダ式PT6T-3D

エンジン最大出力

1,800shp

定員

15人

巡航速度

226キロメートル毎時

航続距離

656キロメートル

主な装備品

ヘリコプターテレビ電送システム

このシステムは、ヘリコプターから撮影した映像を地上に電送するシステムで、機上カメラ、送信装置、アンテナから構成されます。
また、ヘリコプターテレビ電送システムで撮影された映像は、消防局、各消防署及び災害対策本部に送信され、被害状況の情報収集や災害に係る応急対策活動に役立てられるとともに、大規模災害時は衛星を活用した画像伝送システムにより総務省消防庁や総理官邸に配信します。

送信装置類、機体内部の画像

送信装置類:機体内部

機内後部座席用モニターの画像

機内後部座席用モニター

送信用アンテナの画像

送信用アンテナ

可視・赤外カメラ装置

高感度可視カメラと高性能赤外線カメラを内蔵した防振装置は、小型軽量であることから機体に常設できるカメラ装置です。
また、撮影は、機体の姿勢に関わらず、被写体の自動追尾が可能で、安定した撮影ができるほか、カメラとサーチライトの連動機能(スレーブコントロール)により、夜間においても安定した映像電送が可能です。

可視・赤外カメラ装置(1号機)の画像

1号機:Ultra9HD

可視・赤外カメラ装置(2号機)の画像

2号機:Ultra8500

消火タンク

林野火災等の際に上空から大量の水で効果的な消火活動を行う装備です。
消火タンクは、従来の消火バケットとは異なり、飛行制限(速度、飛行経路、風の影響等)が少なく、迅速な消火活動が可能です。

2号機用消火タンクの画像

消火タンク
搭載量1,420リットル

消火タンクによる空中消火の画像

救助用ホイスト装置

救助ホイスト装置は、地上部隊が接近できない山岳や水難救助現場において、上空から隊員の降下や救助者を吊り上げるための装備です。

救助用ホイスト装置の画像

ホイスト吊り上げ能力/272.2kg

2号機ホイストの画像

ケーブル長さ:76.2m

EMS装置(救急資機材)

ヘリコプターの機動性を活かした救急活動を適切に行うため、機内には高規格救急自動車と同等の救急資器材を搭載しています。
また、救急出場時は救急救命士が搭乗し、高度な救命処置を行います。

(主な救急資機材)

  • 患者監視装置
  • 自動式人工呼吸器
  • 自動対外式除細動器
  • 酸素吸入器
  • 吸引器、その他

消防ヘリ機内のストレッチャーの画像

※写真は当局2号機と同型のものです。

投光装置、機外拡声装置

投光装置は、夜間の火災現場における上空からの照明活動などの地上支援、捜索活動などに使用する装備です。
更に、ヘリコプターテレビ電送システムのカメラとの連動機能を備え、効果的な夜間活動を支援します。
機外拡声装置は津波警報等の発表時における広報、避難誘導のほか、救助活動時の地上との連絡に使用する装備です。

投光装置の画像

投光装置

光度/1600ワット(30,000カンテラ)
照射範囲/1キロメートル

機外拡声装置画像

機外拡声装置

最大出力/850ワット

ページの先頭へ戻る

火災に備えて

自動火災報知設備、スプリンクラー設備などの消防用設備等の設置指導や危険物施設の設置許可等を通じ、建築物などの安全確保に努めています。
また、予防査察や防火管理指導を行い、火災の発生を未然に防止し、人命の安全確保を図るための努力を続けています。

石油コンビナートの検査時の画像

石油コンビナートの検査

防災センターの訓練の様子

防災センターの訓練

ページの先頭へ戻る

市民とともに築く安全

仙台市では、婦人防火クラブ、幼年・少年消防クラブ等の育成指導、地域の防火防災訓練等さまざまな機会を通して市民とふれあい、市民と行政が一体となり災害に強いまちづくりを進めています。

婦人防火クラブ員パレードの様子

婦人防火クラブ員による防火パレード

はしご車を見上げる幼年消防クラブ員の様子

はしご車を見上げる幼年消防クラブ員

ページの先頭へ戻る

パンフレット

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

消防局管理課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-728-9590