現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 救急・休日当番医 > 救急車の利用について > 心肺機能停止傷病者が発生した場合、消防車も出場します

更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

心肺機能停止傷病者が発生した場合、消防車も出場します

取組みの概要

市民の救命率の向上を図るため、心肺機能停止(CPA)傷病者が発生した場合に、自動体外式除細動器(AED)などの救急資器材を積載した消防車等が出場し、救急隊と連携して救命処置等を行ないます。
消防ポンプ車(Pumper)と救急車(Ambulance)の頭文字のそれぞれをとって「PA連携」と呼ばれています。

平成17年6月1日から試験的運用を始め、平成18年6月1日から本格的運用を開始しています。

PA連携に期待される効果

増え続ける救急需要、道路交通事情の悪化等により、救急隊の現場到着時間が遅延する傾向にあるため、救急車の他に最寄りの消防署から消防車等も出場させ、消防隊員等が早期に救命処置等を行うとともに、到着した救急隊の救急救命士が処置を引き継ぐことにより、救命率の向上が期待されます。

CPA傷病者発生救急車に加えて消防車も出場します

消防車等に積載する救急資器材等

自動体外式除細動器(AED)、手動式人工呼吸器(バッグバルブマスク)及び滅菌ガーゼ、感染防止衣等

お問い合わせ

消防局救急課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-0214