ENGLISH

開館時間

  • 9時00分から16時45分
    (入館は16時15分まで)

休館日

  • 月曜日
    (祝日・振替休日の場合は開館)
  • 祝日・振替休日の翌日
    (土・日曜日、祝日の場合は開館)

開館カレンダー

観覧料(常設展)

  • 一般・大学生 460円(団体 360円)
  • 高校生 230円(団体 180円)
  • 小・中学生 110円(団体 90円)
    ※特別展は別途

割引情報

当ホームページの著作権は、すべて仙台市博物館にあります。ホームページ上に掲載されている画像・資料などの無断転用はご遠慮ください。

現在位置ホーム > 展示 > 特別展・企画展 > 特別展・企画展 > 特別展・企画展(年度別)

更新日:2017年1月31日

ここから本文です。

特別展・企画展(年度別)

展覧会案内 次回展覧会予告 特別展・企画展(年度別)

平成25年度平成26年度|平成27年度|

平成27年度の特別展・企画展

会期・名称などは変更になる場合があります。

特別展 東日本大震災復興祈念
国宝 吉祥天女が舞い降りた!―奈良薬師寺未来への祈り―

4月24日(金曜日)~6月21日(日曜日)

薬師寺は、天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気平癒を祈って西暦680年に建立を発願した由緒ある古寺です。本展では、「国宝 吉祥天女像」、「国宝 聖観世音菩薩立像」といった古代仏教文化の粋を公開します。

特別展観覧料:
一般 1,300円
高校・大学生 1,000円
小・中学生 600円

(10名以上の団体各100円引)

国宝 吉祥天女像 画像
国宝 吉祥天女像(部分)
薬師寺蔵 写真:飛鳥園

特別展 ご覧あれ 浮世絵の華―歌麿・北斎・広重 平木コレクションの名品

7月17日(金曜日)~9月6日(日曜日)

浮世絵の平木コレクションは、斎藤報恩会旧蔵作品などを引き継いで形成され、浮世絵の歴史を網羅的にたどることのできる貴重な作品群です。本展では、浮世絵の初期の優品から黄金時代を築いた喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重などの作品を紹介します。そのほとんどが重要文化財もしくは重要美術品という、極めて質の高い浮世絵をご堪能ください。

特別展観覧料:
一般1,200円
高校・大学生900円
小・中学生500円

(10名以上の団体各100円引)

富嶽三十六景 凱風快晴 画像 芸者亀吉 画像

【左】冨嶽三十六景 凱風快晴
葛飾北斎画
【右】芸者亀吉 喜多川歌麿画
いずれも平木浮世絵財団蔵

特別展 歴史姉妹都市締結40周年記念
宇和島伊達家の名宝―政宗長男・秀宗からはじまる西国(さいごく)の伊達―

10月9日(金曜日)~11月23日(祝日・月曜日)

愛媛県にある宇和島市は、伊達政宗の長男・秀宗を祖とする宇和島伊達家が治めた土地です。その縁から宇和島伊達家と仙台伊達家は江戸時代から深いつながりを持ち、現在も宇和島市と仙台市は姉妹都市として交流を続けています。
この展覧会では、「重要文化財 豊臣秀吉画像」をはじめ、宇和島伊達家に伝来する絵画や工芸品など名品の数々を展示します。宇和島に秀宗が入封して400年にあたる今年、宇和島藩の華やかな大名文化に触れてみませんか。

特別展観覧料:
一般1,100円
高校・大学生600円
小・中学生300円

(10名以上の団体は各100円引)

重文 豊臣秀吉画像 画像
重要文化財 豊臣秀吉画像(部分)
宇和島伊達文化保存会蔵

企画展 『仙台市史』完結記念・仙台市地下鉄東西線開業記念
せんだい再発見!―こんなことわかりました。平成の『仙台市史』

12月5日(土曜日)~2月28日(日曜日)

市制100周年を契機に平成6年から刊行を開始した『仙台市史』全32巻の完結を記念して、市史編さんの中で調査・収集された資料を展示し、仙台の歴史を様々な視点で紹介します。
「千代」と呼ばれていた時代から、伊達氏の城下町として発展し、そし政令指定都市へと成長する仙台のあゆみが、市史編さん事業の成果をもとに浮かび上がります。

常設展料金:一般・大学生400円
高校生200円
小・中学生100円

(30名以上の団体は2割引)

仙台名所絵図 画像

仙台名所絵図(昭和前期の絵葉書)仙台市博物館蔵

ページの先頭へ戻る