更新日:2019年5月15日

ここから本文です。

「第7回仙台国際音楽コンクール」がいよいよ開幕します(質疑応答)

令和元年5月14日

 

質疑応答の内容

Q1

仙台国際音楽コンクール、今年も開催ということになりましたが、仙台市は「楽都仙台」として文化事業ですとかにも力を入れていらっしゃいますけれども、この第7回のコンクールに市長として何か期待されていることあるいは楽しみにされていることがあれば、改めて教えてください。

A1

本当に多くの方々に参加いただき、そしてまた市民の皆さんもこぞって若い音楽家を応援する、そういうコンクールになっていてうれしいなというふうに思います。私が市長に就任してから初めてのコンクールになるのですけれども、過去最多のエントリーをいただきました。国内外からも高い注目を集めていると言えるものでありまして、仙台のシティセールスにも大きな効果があるというふうに捉えております。
そういう意味で、音楽を楽しむということももちろんですけれども、来ていただいた皆さんたちに仙台のファンになっていただけるように、これもまた取り組んでいきたいなと思います。個人的にも演奏は楽しみにさせていただこうと思っております。

 

Q2

あと新しい音楽ホールの件もあると思うのですけれども、何か具体的に決まっていること、進んでいることがあれば教えてください。

A2

これも一定の方向性が出てきましたけれども、まだ具体についてはこれからであります。