現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2020年度(令和2年度)一覧 > 12月 > 第40回全国都市緑化仙台フェアの開催が決定しました(発表内容)

更新日:2020年12月23日

ここから本文です。

第40回全国都市緑化仙台フェアの開催が決定しました(発表内容)

令和2年12月22日

 

 

嬉しいニュースからお伝えをしたいと思います。花と緑の祭典「全国都市緑化フェア」の本市での開催が決定いたしましたのでお知らせをいたします。

「全国都市緑化フェア」は、緑豊かな潤いのある都市づくりに寄与することを目的に、昭和58年以降30年以上にわたって開催をされております国内最大級の花とみどりのイベントでございます。本市では杜の都の環境をつくる条例の制定50周年となるその節目の年にあたります令和5年度の開催を目指して誘致を進めてまいりました。このたび、国土交通大臣の同意が得られまして本市での開催が決定したものでございます。

平成元年に泉区の七北田公園を会場に開催をした実績がございまして、本市で開催されるのは2回目となります。今回の開催期間は令和5年の4月下旬から6月中旬を予定しております。メイン会場は現在整備を進めております青葉山公園追廻(おいまわし)地区、そして西公園の南側地区とその間を流れる広瀬川の一帯でございます。メイン会場の他にもまちなかエリアと沿岸部の東部エリアを設定しておりまして、メイン会場の盛り上がりがまち全体に波及するよう工夫してまいります。

テーマは「杜の都から始まる未来、みどりを舞台に人が輝く」でございます。多くの市民の方々や企業の皆さまの参画の下に実施したいと考えておりまして、「杜の都」のみどりという舞台にたくさんの方が集い、さまざまな活動や交流が生まれる、そのようなフェアとしたいとの想いを表したものでございます。市外からも多くの来訪者が想定されますことから、震災からの復興の歩みにつきましても併せて発信をしてまいります。今後基本計画の策定を進めますとともに実行委員会を令和3年の秋を目途に立ち上げるなど、開催に向け全庁を挙げて取り組んでまいります。

 


仙台市長 郡 和子