現在位置ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長室へようこそ > 市長記者会見 > 市長記者会見 2021年度(令和3年度)一覧 > 12月 > 仙台国際ハーフマラソン2022チャレンジレースを開催します(発表内容)

更新日:2021年12月2日

ここから本文です。

仙台国際ハーフマラソン2022チャレンジレースを開催します(発表内容)

令和3年12月1日

 

来春、仙台国際ハーフマラソン大会2022チャレンジレースを開催することといたしましたのでお知らせをいたします。

開催日は令和4年5月8日(日曜日)です。仙台国際ハーフマラソン大会は、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響によりまして2年連続で中止となっておりました。3年ぶりとなるこの大会は、感染症対策のために一部規模を縮小した上で開催をするものでございます。定員を従来の1万人規模から4千人に制限をさせていただきますほか、5kmの部・2kmの部は実施せず、競技をハーフマラソンに限定することといたします。また前日祭や当日祭などの関連イベントの開催も見合わせます。さらにランナーや関係者の皆さまに安心して大会にご参加いただくために、参加者の方々には「ワクチン接種歴もしくはPCR検査等の陰性結果の確認」にご協力をいただきます。

参加者の募集は昨年の第30回大会を中止いたしました際に発行いたしました優先出走権をお持ちの方を対象にして、令和4年1月12日(水曜日)から行います。一般参加者の募集ですが、応募人数が定員に達しない場合に限り実施いたします。

大会当日は交通規制などにより市民の皆さまにご不便をおかけする面もございますが、ご理解・ご協力を賜りますようにお願いを申し上げます。新緑がまぶしい仙台のまちに、再びランナーの皆さん達の足音が響きますことは大変に喜ばしいことだと思います。しっかりと開催の準備を行いまして、皆さまの躍動する姿を拝見するのを楽しみにしてまいりたいと思います。

仙台市長 郡 和子