更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

定例会見(第20回 仙台国際ハーフマラソン大会を開催)

(担当)市民局スポーツ振興課
(電話)022-214-8800

平成22年5月9日に開催する「第20回 仙台国際ハーフマラソン大会」の概要は次のとおりです。また,同日に第20回大会を記念し,新緑の定禅寺通を楽しくジョギングするイベント「定禅寺通ファンラン」を開催いたします。

1.主な招待選手

昨年のベルリン世界陸上女子マラソン代表藤永佳子選手が特別招待選手として出場いたします。

また,札幌国際ハーフマラソン大会で3度優勝の実績を誇るメクボ・ジョブ・モグス選手を始め,国内外で活躍する多くのトップアスリートが新緑の杜の都を駆け抜けます。

(1)国内特別招待選手

【男子】メクボ・ジョブ・モグス(アイデム)

ケニア出身。平成13年に来日し,山梨学院高・山梨学院大学にて長距離選手として活躍。
特に,大学時代は,箱根駅伝にて2年連続区間新記録の樹立。札幌国際ハーフにおいても2005年,2007年,2008年 3度の優勝する等活躍した。現在は,2012年ロンドン五輪のケニア代表を目指し,フルマラソンに挑戦。

主な戦績

2007丸亀国際ハーフマラソン/優勝/59分48秒(大会新/自己ベスト)
2007札幌国際ハーフマラソン/優勝/59分54秒(大会新)
2008札幌国際ハーフマラソン/優勝/1時間00分52秒

※2008世界ハーフケニア代表

【女子】藤永 佳子(資生堂)

高校時代から,日本代表として世界で活躍。1999年の世界クロスカントリー選手権では,ジュニアで銅メダルを獲得。大学3年以降は故障が続いたが,初マラソンとなった2009年の名古屋国際女子マラソンで優勝を飾り,復活を遂げた。

主な戦績

1999セビリア世界陸上(5000m)/14位/15分51秒52
2000日本選手権(5000m)/優勝/15分27秒82
2009名古屋国際女子マラソン/優勝/2時間28分13秒

※2009世界陸上(マラソン)日本代表/団体銅メダル
(ハーフマラソン/ベストタイム 1時間09分29秒)

(2)主な有力選手

男子

  • 国近 友昭(エスビー食品)
    2003福岡国際マラソン/優勝/2時間07分52秒(日本歴代6位)※2004アテネ五輪男子マラソン代表
  • 北岡 幸浩(NTN)
    2009仙台国際ハーフ/3位/1時間02分34秒 ※2009世界ハーフ日本代表
    2010びわ湖毎日マラソン/4位/2時間10分51秒 ※2010アジア大会/男子マラソン代表
  • ジャームス ムワンギ(NTN)
    2008ロッテルダムハーフ/1時間00分34秒 ※2008大阪世界陸上(マラソン)ケニア代表
  • アルン ジョロゲ(小森コーポレーション)
    2009仙台国際ハーフ/優勝/1時間02分02秒
  • サイラス ジュイ(日立電線)
    2009札幌国際ハーフ/3位/1時間01分03秒
  • サムエル ドゥング(愛知製鋼)
    2010全日本実業団ハーフ/優勝/1時間01分17秒
  • マーティン マサシ(スズキ浜松アスリートクラブ)
    2007大阪世界陸上(10000m)/3位/27分27秒17

女子

  • ジュリア モンビ(ユニバーサル)
    2009札幌国際ハーフ/2位/1時間09分30秒 ※2009ベルリン世界陸上(マラソン)ケニア代表
  • 清家 愛(シスメックス)
    2010全日本実業団ハーフ/4位/1時間10分47秒
  • 正井 裕子(日本ケミコン)
    2010全日本実業団ハーフ/5位/1時間10分48秒 ※2009世界ハーフ日本代表
  • 大平 美樹(三井住友海上)
    2008大阪国際女子マラソン/4位/2時間26分09秒
  • 大崎 千聖(三井住友海上)
    2007世界ロードランニング選手権/7位/1時間08分56秒
  • 宮内 洋子(京セラ)
    2010丸亀国際ハーフ/2位/1時間09分51秒
  • 宮内 宏子(京セラ)
    2010宮崎女子ロード(ハーフ)/2位/1時間09分54秒
  • 鈴木 澄子(ホクレン)★宮城県出身/白石女子高校⇒東北福祉大学 卒
    2009仙台国際ハーフ/7位/1時間14分09秒

(3)国際姉妹・友好/協定締結都市招待選手

リバサイド市,レンヌ市,ミンスク市,アカプルコ市,長春市,ダラス市,光州広域市,台南市の8都市より16名(男女各1名)の選手が出場。

(4)車いす招待選手

車いす招待

西原 宏明(京都ステイヤーズ)

主な戦績

2009長野車いすマラソン(ハーフ)/2位/44分40秒
2009大分国際車いすマラソン(ハーフ)/優勝/45分21秒

車いす入賞者招待

  • 樋口 政幸
    2009長野車いすマラソン(ハーフ)/優勝/43分11秒
  • 山本 浩之
    2010東京マラソン/優勝/1時間35分19秒
  • 廣道 純
    2008北京パラリンピック(マラソン)/7位/1時間23分23秒

2.大会史上最多のエントリー数

参加人数は,過去最多であった昨年の1286名を,53名上回る1339名で,最多記録を更新した。

参加人数合計 1,339名(前回比53名増)

一般の部

一般の部(招待) 参加人数

種別

前回

増減

海外特別招待選手

0

0

0

0

0

国内特別

1

1

2

2

0

国際姉妹・友好/協定締結都市

8

8

16

16

0

実業団

23

23

46

40

6

第19回入賞者

0

0

0

1

△1

大学

12

16

28

16

12

東北陸上競技協会

5

4

9

6

3

東北学生陸上競技連盟

1

0

1

2

△1

市民マラソン優秀選手

3

3

6

2

4

久米島マラソン優秀選手

1

1

2

2

0

54

56

110

87

23

一般の部 参加人数

種別

前回

増減

一般(実業団・大学)

34

10

44

53

△9

一般

935

207

1142

1105

37

969

217

1186

1158

28

一般の部 合計参加人数

種別

前回

増減

招待計

54

56

110

87

23

一般計

969

217

1186

1158

28

合計

1023

273

1296

1245

51

車いすの部

車椅子の部 参加人数

種別

前回

増減

車いす招待

1

0

1

2

△1

車いす入賞者

3

0

3

3

0

一般

37

2

39

36

3

合計

41

2

43

41

2

合計

一般の部・車椅子の部 参加人数合計

種別

前回

増減

一般の部

1023

273

1296

1245

51

車いすの部

41

2

43

41

2

合計

1064

275

1339

1286

53

(1)20回連続出場者

2名(いずれも宮城県在住の男性)

(2)最高齢出場者

【男子】69歳(仙台市・東京都在住の2名)【女子】65歳(仙台市在住)

(3)都道府県別出場者

  • 都道府県別参加・・・36都道県より参加(北海道~沖縄まで)
  • 宮城県の参加者・・・552名(全体の約41.7%/昨年比2%減)
  • 仙台市の参加者・・・349名(全体の約26.4%/昨年比1%減)
  • 県外で最も多い都道府県・・・東京都 209名(昨年比33名増)

※上記の%は,外国の参加選手を除いた人数(1323名)で算出。

3.その他

(1)世界ハーフマラソン選手権大会の日本代表選考について

本大会は,今年10月16日に中国の南寧で開催される第19回世界ハーフマラソン選手権大会の日本代表選考競技会(国際陸上競技連盟主催)に位置付けられている。

(2)第20回記念イベントについて

大会の20回を記念し,新緑の定禅寺通を楽しくジョギングするイベント「定禅寺通ファンラン」を開催。

スケジュール

  • 参加者受付/9時30分~10時30分(西公園 こけし塔前)
  • スタート/12時00分(西公園通 こけし塔前)
  • フィニッシュ/12時10分(仙台市役所前 市民広場)

コース

西公園通こけし塔前(スタート)~定禅寺通~仙台市役所前 市民広場(フィニッシュ)/約800m

ゲストランナー

高橋 千恵美(チームミズノアスレチック)

  • 宮城県栗原市(旧若柳町)出身。聖和学園高卒。
  • シドニーオリンピック女子10000m代表。第11回仙台ハーフマラソン大会第2位。

お問い合わせ

総務局広報課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎3階

電話番号:022-214-1148 

ファクス:022-211-1921